髪にまつわる悩み

はじめまして。
「イクナビ」さんから寄稿記事のご依頼をいただきまして,この場に記事を書かせていただくことになりましたイラストレーターの山 奈央と申します。

目下のわたしの髪にまつわる悩みといえば,「アホ毛」。
頭頂部からぴょこぴょこ立っているあの短い髪の毛です。「アホ毛」というネーミングは誰がつけたのか知りませんが,言い得て妙というか,「アホ毛」があると確かにアホっぽく見えます。そして,年とともにアホっぽさに加えて,疲れて見えることも。というわけで,「アホ毛」をなんとかなくしたいと思っていたのです。

「アホ毛」をおさえるオススメ商品「マトメージュ」の使い方は?

そこで,「アホ毛」をおさえる商品を試してみました。それが,次の2つ。

・マトメージュ「ヘアスタイリングスティックR(レギュラー)」(株式会社 ウテナ)
・マトメージュ「ヘアスタイリングスティックSH(スーパーホールド)」(株式会社 ウテナ)

スティック状のワックスで,ピンクのパッケージが「レギュラー」タイプ,グリーンのパッケージが「スーパーホールド」タイプとなっています。
直径4センチメートルほどの大きさなので,持ち歩きにも便利そうです。色合いもきれいです。

わたしの「アホ毛」はかなり頑固な「アホ毛」なので,グリーンの「スーパーホールド」タイプを試してみました。

上の写真のように髪の分け目あたりからぴょこぴょこ出ていた「アホ毛」。
この「アホ毛」の上から髪の流れにそってスティックをなでつけると,下の写真のようにびしっと「アホ毛」がおさえられ,きれいに髪がまとまりました! これまでヘアクリームやヘアミストなども試してみたもののいまいち「アホ毛」をおさえきれずにいたのですが,こちらのスティックはキープ力があって,簡単にびしっと「アホ毛」がまとまりました。あと,あまりテカテカしないのもいいですね。前髪やおくれ毛をまとめるのにも使えます。
わたしの場合は髪の毛が太めでしかも直毛なので,「スーパーホールド」タイプのほうがしっくりきましたが,髪の毛が普通~細めの方は,ナチュラルタイプで充分だと思います。

「アホ毛」が発生する原因とそれを防ぐ方法

ところで,この「アホ毛」をなくすために,まずは「アホ毛」の発生するメカニズムについて調べてみました。
「アホ毛」とされる髪は,主に次の3種類。

①新しく生えてきた短い髪の毛
②途中で切れてしまった短い髪の毛
③うまく成長できなかった短い髪の毛

①に関しては髪の成長メカニズム上発生を,のは難しいのですが,②や③のような短い髪の毛が生じてしまうのはなぜなのでしょうか?
それは,髪の毛の扱いがあらっぽかったり,傷んでもろくなっていたりしたために途中で切れてしまった(「切れ毛」と呼ばれる),頭皮の毛穴詰まりにより髪の毛の成長が阻害されてまっすぐ伸びることができなかった(「いも毛」と呼ばれる),といったことが原因と考えられます。
では,こうした「アホ毛」を発生させないためにはどうすればよいのか?
①の新しく生えてくる短い髪の毛については仕方がないとして,②や③のような短い髪の毛が発生してしまわないようにするためには,やはり日頃のヘアケアが重要です。
まずは,髪を丁寧に扱うこと。
髪をタオルでごしごし乾かしたり,雑にブラッシングをしたりすると,髪が切れてしまいます。髪を洗ったり乾かしたりする際に髪の毛に負担をかけないようなやり方を心がける必要があります。

そして,健康な髪の毛を手に入れること
「アホ毛」が発生する大きな原因となるのが,髪の毛の傷みと栄養不足。これに関しては,食生活や生活習慣の改善などに加え,シャンプーやトリートメントを見直す,紫外線対策をする,頭皮の血行を良くしたり毛穴の汚れを除いたりして毛穴詰まりを防ぐなど,地道な手入れが必要となります。まさに美は一日にしてならず,という感じです。

きれいな髪を目指して

「髪は顔の額縁」といわれています。髪の毛は,顔の印象を左右するものです。確かに「アホ毛」がぴょこぴょこ出ているような髪型では印象が悪いし,顔もきれいに見えません。「アホ毛」をおさえたきちんとした髪型をして,良い印象を与えることができるようにしたいところです。

髪にまつわる悩みはあれこれありますが,きれいな額縁=きれいな髪を目指して,日々ヘアケアをがんばっていきたいと思います!

 

この記事を書いた人*

山奈央

編集・イラストの仕事をしています。本を読むこと、歩くこと、食べることがすきです。
お仕事のご依頼は、
eleven_7_0@yahoo.co.jp にどうぞ。