088

育毛剤を使う時は、地肌に直接塗り込むことになるので、その成分については特に気になりますよね。

中でも、ほとんどの女性用育毛剤に配合されている、エタノールなどのアルコール成分について。

このアルコール成分を巡って「髪の毛や頭皮に良いか悪いか」など、さまざまな説が飛び交っているため、混乱されている方もきっと多いと思われます。

そこで、そんな皆様の疑問や不安にお答えするため、育毛剤にアルコール成分がなぜ含まれているのかという根本的な点から解き明かし、女性の皆さんにとってアルコール成分が良いのか、悪いのかについてわかりやすくご説明します。

女性用育毛剤にアルコール成分が含まれている理由とは?

087
多くの女性用育毛剤に含まれているアルコール成分。

そもそも、このアルコール成分は、どのような目的や役割を果たすために含まれているのかを確認することにしましょう。

081

育毛剤にはアルコール以外にも、実にさまざまな成分が含まれていますが、成分によっては他の成分と混ざらず分離してしまうものがあります。
アルコール成分には、それらを溶かして混ざりやすくする働きがあります。

つまり、アルコール成分のお陰で多様な成分を含んだ一本の育毛剤ができている訳です。

082

アルコール成分は揮発性、速乾性があることに加え、濃度次第ながら「ピリッ」とした刺激を地肌に与えることができます。
それらの効能により、育毛剤を地肌に塗ってもベタつくことがなく、塗った後に清涼感や爽快感を感じることができるのもアルコール成分がなせる技です。

育毛剤は毎日使用するものですから、スーッとする清涼感などの心地よさも必要になります。

083

例えば、注射を打つ前にアルコールを含んだ脱脂綿で皮膚を拭かれた際、少しヒヤっとした後、ほのかに温かく感じますよね。これはアルコール成分に毛細血管を拡張する性質があるため、それにより血行が促されて、ほんのり温かく感じるのです。

血行が促進されれば、育毛剤の栄養素が血液を通じて頭皮や毛根に運ばれやすくなり、育毛の効果を高めてくれます。

084

アルコール成分には皮脂を分解する作用があります。
その作用により、皮脂と共に雑菌や汚れが付着していた毛穴周辺をきれいにしてくれるのです。

過剰な皮脂は酸化すると頭皮環境を悪化させ、炎症を起こしたり抜け毛につながる危険性があります。

アルコール成分によって過剰な皮脂を除去することで、頭皮環境の改善につながります。

085

ご存知の方も多いと思われますが、アルコール成分には殺菌作用もあります。
医療現場でも、例えば注射を打つ前に皮膚上の菌を死滅させるため、アルコールを含んだ綿で皮膚を拭いたりしますよね。

頭皮の雑菌を抑えることで、炎症や毛穴の詰まりを予防し、抜け毛を防いで育毛効果を高めてくれます。

086

前出の項目どおりアルコール成分には殺菌作用がありますので、育毛剤を常温で保存している場合に、繁殖するおそれがある雑菌を抑えられます。
また、菌が繁殖しなければ育毛剤も腐食しませんので、結果的に育毛剤の品質劣化を防ぐ役割も担っているのです。

・・・いかがですか?

「こんなにあるの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、アルコール成分が果たしている役割はこのように多岐に渡るのです。

 

見逃さないで!アルコール成分のデメリット

さて、ご紹介したアルコール成分が果たす役割だけを見れば「女性用育毛剤にとってなくてはならない成分!」とも思えますが、そうだとは言い切れません。
アルコール成分にはご紹介したような優れた作用がある反面、これからご紹介するようなデメリットも内包しています。

デメリット1:速乾性、揮発性の高さにより頭皮の水分も奪ってしまう

089

アルコール成分の揮発性の高さにより、育毛剤を頭皮に塗布した場合でもベトつきが解消され、サラッとした爽快感を味わうことができますが、残念ながらアルコール成分は育毛剤のベトツキを解消するだけでなく、同時に頭皮の水分も奪ってしまいます。

その結果、頭皮が乾燥することでかゆみが発生したり、抵抗力が弱まって炎症が起きる場合があります。

デメリット2:刺激に弱い敏感肌には過度な刺激となる

090

アルコール成分はこれもご紹介したとおり、皮膚に刺激を与える作用もあります。

そのため、アルコール成分の濃度次第では、外部からの刺激に弱い敏感肌の女性にとっては刺激負けして炎症などのトラブルが生じたり、刺激自体に苦痛を感じたりする場合もあります。

デメリットではないけど…

091

「デメリット」という訳ではありませんが、育毛剤に最も期待したい効能は何かと言えば爽快感ではなく「毛が生えること」にあるはずです。
その点でアルコール成分はどうかと言えば、残念ながらアルコール自体には、発毛・育毛効果の作用はありません。

092

また、育毛剤に含まれる他の成分には、アルコール同様の働きをしてくれるものもあります。

例えば殺菌作用や抗菌作用、または血行を促進する作用などは他の成分に含まれていることが多く、それらの作用はアルコール以外代替する成分がないという訳ではありません。

それなら、なぜノンアルコールの育毛剤がこんなに少ないのでしょうか?

それは、アルコールを配合しない代わりに、ほかの防腐剤や化学薬品を配合しないといけないからです。

育毛剤は「無添加」をうたっているものも多いですが、アルコールは配合されていることが多いですよね。

アルコールは多数の役割を果たしてくれるので、添加物の数を減らすことにも一役買っているのです。

 

乾燥肌や敏感肌の人はご注意!

095

ご紹介してきたように、アルコール成分にはメリットもデメリットもあります。

ただ、そのデメリットがどれくらい影響してくるかは、体質やお肌の状態によっても変わってきます。

以下に該当する方は、特にアルコール成分による影響にご注意ください。

乾燥肌の方

093
アルコール成分が頭皮の水分を奪ってしまうと、長く使用していれば髪の毛に良いどころか、頭皮へのダメージを招いて却って悪くなってしまう場合があります。

そのため、乾燥肌の方はノンアルコールの育毛剤、もしくはアルコール成分の割合ができるだけ少ない育毛剤を検討した方が良いと言えます。

敏感肌の方

093
一口に敏感肌といっても程度の違いがありますので、一律的な回答はできませんが、アルコール成分が肌に一定の刺激を与える作用があります。

もし、育毛剤塗布後に軽度であってもかゆみや赤みが生じるようであれば、ノンアルコールの育毛剤、もしくは更にアルコール成分の含有率が低い低刺激タイプの育毛剤に変更した方が良いでしょう。

アルコールアレルギーのある方

093
近年増加していると言われるアルコールアレルギーですが、もしアルコールに対するアレルギー反応が出てしまった場合は、髪の毛というより体自体に悪影響を招くおそれがあります。
従ってアルコールアレルギーの方、もしくはそのおそれがある方はアルコール成分入りの育毛剤の使用は中止し、ノンアルコールの育毛剤に切り替えるべきです。

これまでアルコール入り製品の使用に異常がない方

094
そもそも女性用育毛剤は医薬品、もしくは医薬部外品として国の厳しいチェックと承認を受けた上で流通している製品です。

とくに市販されている女性用育毛剤には副作用がほとんどなく、より安全性が高いものになっています。
そのような意味では、アルコール成分だけを過度に問題視し、神経質になり過ぎる必要はありません。

もし現状において、かゆみが生じるようになった、フケが増えた、頭皮に赤みが生じているなどの問題がなく、育毛効果を感じているようなら、アルコール成分入りの育毛剤を使用し続けても問題はないと言えます。

育毛剤を選ぶ時に迷ったら・・・

101

育毛剤を選ぶ時に、アルコール配合のものかノンアルコールのものか迷った時には、ノンアルコールのものを選んだほうが安心できるでしょう。

不安や心配を抱えたまま使用するのは、髪や頭皮にとっても良くありません。

ただ、女性用の育毛剤で完全にノンアルコールの製品はとても少なく、ノンアルコールにこだわると選択肢が限られてしまいます。

よって、現状では「ノンアルコール」よりも、「極力アルコール成分の濃度が少なくて低刺激のもの」まで選択肢を広げて選ぶのがいいでしょう。

アルコール成分の濃度が少ないものを選ぶ

育毛剤にどのくらいの濃度のアルコールが配合されているのかは、明確にはわかりません。

ただ、成分表には、含有量の多い順番で成分が表記されていますので、できるだけエタノールなどの順番が後ろになっている製品を選ぶようにしてみましょう。

使用感は口コミも参考に

敏感肌の人や乾燥肌の人は、アルコール成分によって刺激を受けやすくなります。

成分だけでは使用感はわかりにくいので、実際に使用してみた人の口コミも参考にしてみてください。

たとえば、「使用していたら乾燥してかゆくなった」「頭皮がピリピリする」「スースーする使用感が苦手」という口コミが多ければ、アルコール濃度が高い可能性があります。

まとめ

アルコール成分に限りませんが、人間の健康とさまざまな成分の関係についてはまだ完全に解明されていないこともある上、人それぞれ体質等の違いがある以上「誰に対しても絶対にこれだけが正解」と言い切れない場合は多々あります。

本記事を参考に、自分自身の体質や考え方などを踏まえて、一面からだけでなくメリット・デメリット両方に目を配った上で総合的に判断を下すことが大切です。