1273
抜け毛や薄毛と言えば男性のものという印象が強いものですが、40代後半を過ぎると抜け毛や薄毛に悩む女性が増えてきます。

更年期と呼ばれる時期で、身体にも心にも大きな変化が訪れる時期に差し掛かっているのですが、なぜ薄毛になってしまうのでしょうか。

更年期の薄毛の原因は?

更年期になると女性は排卵をストップし、閉経のための準備を始めます。卵巣は卵子を育て排卵することが仕事ですが、その仕事が終了してしまうということになり、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。

エストロゲンが減少するとこれまでのホルモンバランスが大きく崩れるため、更年期障害と呼ばれる心身の不調が出てくるようになるのです。
1274
エストロゲンは女性らしい丸みのある身体を作り出したり、肌を美しくする効果がある美肌ホルモンとも呼ばれています。
エストロゲンが髪に及ぼす効果には、髪の寿命を延ばし抜けづらくするという効果があります。

エストロゲンが減少すると髪の毛が抜けやすくなったり、次に髪が生えてくるまでの休止期が長くなるため、抜け毛や薄毛が進行してしまうのです。

 

エストロゲン不足が原因の場合の育毛剤の選び方は?

081807近頃では更年期を迎えるには若すぎる人でも、ストレスや生活習慣の乱れによってエストロゲンが減少し、抜け毛や薄毛に悩む人が増えています。

このような原因の抜け毛や薄毛に効果がある育毛剤は、女性特有の原因に着目している商品であることが重要です。

一言で育毛剤と言っても、男女には薄毛や抜け毛の原因が違うため、それぞれに適した有効成分が配合されていなければ効果は期待できません。

「旦那の育毛剤があるからちょっと使ってみよう」では、効果は望めないでしょう。

エストロゲンが減少したことに対して有効な成分が配合されているかどうかを確認しましょう。また、年齢を重ねるにしたがって頭皮も同じように年齢を重ねていきます。血行が悪くなったり頭皮の乾燥が進んでしまい、さらに抜け毛を増やしてしまっている要因になっていることがあります。

血行の促進と頭皮の老化防止効果の入った育毛剤も相乗効果が期待できるでしょう。その時には頭皮に優しいものを選択し、なるべく負担をかけないような育毛剤を選択します。

ホルモンバランスの変化は思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

美肌を保つエストロゲンが減少していると、頭皮にも思わぬ影響が出ていることもあるため、低刺激や無添加のもののほうが安心です。
fotolia_66321262_subscription_monthly_m
育毛剤と同時に、女性ホルモンを増やすサプリメントや食材を積極的に摂取することも抜け毛を減らしたり、新しい髪を生やすための相乗効果が期待できます。