フケの正体は古い角質細胞

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

  • いくら頭を洗ってもフケが治まらない。
  • 頭をさわるとすぐにフケが落ちてくる。
  • 暗めの服を着るとどうしても目立ってしまう。

フケは他人から見たときに気づかれやすく、どんなに清潔に気を使っていても、不清潔な印象を与えてしまいます。
また、将来薄毛の原因ともなってしまうので注意が必要です。

まず、フケの正体は何かというと、そのほとんどが頭皮の古い角質細胞が剥がれ落ちていることが原因で、頭皮の垢のようなものです。
頭皮の角質がはがれるのは、新陳代謝によるものなので異常なことではありません。

しかし、全体的な栄養不足やストレス、間違った頭皮ケアで発症することもあるので、毎日頭を洗っていてもすぐにフケが出る、シャンプー後に髪を乾かしているともうフケが出ている、いろいろな対策をしていても改善されないという人は、何が原因なのかを突き止め、効果的な対策法を取ることで改善につながることができます。

フケの改善はタイプを見極めることから

nukege-24
フケには大きく分けて2種類あり、それぞれに異なった症状、原因がありますので、ご自分が悩まされているフケがどちらにあてはまるか確認しましょう。
どちらのフケかどうかで、原因や対策は違ってきますので、フケの改善にはまずその種類を知ることが重要です。

ギトギトフケ

ギトギトフケは、脂っぽいフケのことで、「脂性フケ」とも呼ばれています。
特徴的なのは頭皮にへばりついてなかなか下には落ちないこと。
その分、頭皮から洗い流すのも一苦労です。見た目も大きく目立ちやすいので不快な印象を与えてしまいます。

ギトギトフケは皮脂の過剰分泌が原因

ギトギトフケの主な原因は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまっていることです。
皮脂は頭皮を刺激や乾燥から守るためにも必要ですが、分泌量が多すぎると剥がれ落ちる角質細胞と結びついて、ベタベタして落としにくくなってしまいます。

また、頭皮を清潔にしておかないでいると、フケの原因となる菌が繁殖しやすくなってしまうので、余計にフケが増えてしまいます。
ほかにも、脂っこい食事の摂りすぎや乱れた生活習慣なども、皮脂を過剰分泌させてしまうため、ギトギトフケの原因として考えられます。

カサカサフケ

カサカサの乾いたフケは「乾性フケ」ともいい、ぽろぽろ落ちやすいのが特徴的です。
ちょっと頭を掻いただけでもすぐに落ちてきて、気づくと肩の上に落ちていて、払ってもすぐにまた落ちてきてしまうのでお悩みの方も多いでしょう。

カサカサフケは頭皮の乾燥が原因

このカサカサフケの主な原因は、頭皮の乾燥によるものです。
頭皮も皮膚のように乾燥しやすいタイプの人がいるので、乾燥肌の人やアトピーの人など、肌トラブルが起こりやすい人に多く見られます。

頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下してちょっとした刺激にも敏感に反応するようになったり、かゆみが発生したりして、頭皮環境が悪くなってしまいます。
すると、頭皮の新陳代謝であるターンオーバーが乱れて、通常よりも多くの角質が剥がれ落ちるようになってしまうのです。

また、フケが出ると頭皮が汚れているような気がして、入念に頭を洗う人も多いと思いますが、カサカサフケの場合は洗いすぎによっても悪化させてしまうので、注意が必要です。

確かに、頭皮を清潔にしておくことも大切なのですが、そもそもカサカサフケが出るのは洗いすぎて頭皮が乾燥しているためかもしれません。
シャンプーが原因の場合は、1日に何度もシャンプーする、洗浄力の強いシャンプーで洗っている、まちがった洗い方をしていることなどが考えられます。

タイプ別フケの改善方法

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s

ギトギトフケの改善方法

ギトギトフケの原因は、ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰分泌されることが原因となります。
そのせいで真菌が過剰に繁殖し、皮膚表面の角質がはがれ、皮脂によって頭皮にへばりつき、さらに真菌の増殖を促すという悪循環に・・・。
それを対策するには角質溶解剤や皮脂の過剰分泌を抑える薬剤が必要なこともありますが、何よりも頭皮を清潔に保つことが欠かせません。

ただ、頭皮をきれいにするために、洗浄力の強いシャンプーを選びがちですが、化学薬品を使用したものやせっけんシャンプーなどは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうおそれがあります。
洗いすぎると頭皮が乾燥して、今度はカサカサフケが発生してしまうことにもなりかねないので、シャンプー選びにも注意が必要です。

頭皮にやさしく、汚れをしっかり落として必要な皮脂を残してくれるのは、人間の細胞と同じ成分のアミノ酸シャンプーがおすすめです。
すぐにでもフケを何とかしたいという人は、スカルプケアなどの専用のシャンプーを使ってみてください。
また、シャンプーの選び方だけでなく、洗い方や洗った後の頭皮ケア、食事内容や生活習慣の改善にも努めてみましょう。

*おすすめの頭皮クレンジング剤はこちら⇒女性に人気のおすすめ頭皮クレンジングオイル&シャンプー13選

ギトギトフケの対策まとめ

・毎日シャンプーする(1日1回)。
・シャンプー前にブラッシングをしてフケや汚れを落としやすくする。
・シャンプーは洗浄力や刺激が強すぎないものを選ぶ。
・シャンプーを付ける前にお湯で予洗いをし、毛穴を開かせる。
・シャンプーは頭皮に直接つけないように、手で泡立ててから洗う。
・洗うときは爪を立てて頭皮を傷つけないように注意し、指の腹で洗うようにする。
・シャンプーのすすぎ残しもフケの原因になるため、すすぎは洗う時よりも念入りに。
・シャンプー後はそのまま放置しないですぐ乾かす。
・脂っこい食事は控えめにして、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を送る。

カサカサフケの改善方法

カサカサフケの大きさは細かく、毛穴につまりやすいという特徴があり、主な原因は頭皮の乾燥によって発症します。
毛穴につまったフケを常在菌が餌とし頭皮をダメージ、薄毛を発症することもあります。
カサカサフケを防ぐには頭皮を乾燥から守り、保湿することが効果的です。

髪の毛がある頭皮は、どうやってケアしたらいいか悩んでしまいそうですが、基本的には顔などのスキンケアと同じように考えるといいでしょう。
顔も乾燥させないように、洗いすぎや刺激を与えないように注意しますよね。その上で、保湿をして乾燥から守っています。
同じように、頭皮も洗いすぎないようにし、紫外線や乾燥した空気にさらさないようにして刺激から守ってあげましょう。

また、シャンプー後に椿油やオリーブオイルなどを含んだ保湿剤を塗り込んであげると効果的です。
ヘアカラーやパーマ液なども頭皮の刺激になりますので、フケが治まるまではカラーリングやパーマは控えておいたほうがいいでしょう。

カサカサフケの対策まとめ

・シャンプーは1日1回(それ以上洗いたい場合はお湯のみで洗う)。
・洗浄力の強いシャンプーは避けて、乾燥肌や敏感肌用のやさしい成分のものを選ぶ。
・シャンプーする時は爪を立ててゴシゴシ強く洗わない。
・髪を洗った後はオイルや美容液、育毛剤などで保湿する。
・ドライヤーは近づけ過ぎないようにし、できれば60度以下の低温で乾かす。
・血行を良くしたり保湿に役立つ食材を食事に取り入れる。

育毛剤にも配合されている!フケ予防に効果的な成分

頭皮の乾燥を防いだり皮脂を除去するためには、角質溶解剤や抗脂漏剤、保湿剤などの成分が有効。これらのフケを対策する有効成分は、すべて育毛剤に含まれており、ギトギト、カサカサフケには非常に効果的です。

※参考までに角質溶解剤、抗脂漏剤、保湿剤などは育毛剤に次のような成分名で含まれています。

◎角質溶解剤:エビネエキス、サリチル酸、トレハロース、ポップエキスなど

◎抗脂漏剤:チオキソロン、ビタミンB6、アマモエキス、カシュウなど

◎保湿剤:ヒアルロン酸、コラーゲン、昆布エキス、アロエエキスなど

*フケの改善に効果的な育毛剤はこちらをご参照ください⇒清潔にしているのにフケやかゆみが気になるのはなぜ・・・?改善策とおすすめ育毛剤

なかなか改善されない場合は病院の受診を

皮脂が多すぎることによって炎症が起こり、大量のフケが発生している場合は、「脂漏性皮膚炎」の可能性もあります。
炎症が起きるとなかなか治らず、繰り返し起こる可能性が高いので、早めに皮膚科を受信するようにしましょう。

*脂漏性皮膚炎について詳しくはこちら⇒女性の抜け毛と脂漏性頭皮の関係って?シャンプーやカラーリング?

まとめ

フケは薄毛の前兆と言われています。その元の原因となる栄養不足やストレス、ホルモンバランスなどの改善は日頃の生活習慣を見直すことで改善できます。

しかし、すでに発症している症状を抑えるためには、育毛剤などで現状を改善していくことが大切です。

そうすることで、洗ってもフケが発生したり、肩にフケが落ちてくることがなくなり、なによりも将来的に薄毛になる確率を低くすることができます。