Contents

フケの正体は古い角質細胞

  • いくら頭を洗ってもフケが治まらない。
  • 頭をさわるとすぐにフケが落ちてくる。
  • 暗めの服を着るとどうしても目立ってしまう。

フケは他人から見たときに気づかれやすく、どんなに清潔に気を使っていても、不清潔な印象を与えてしまいます。また将来薄毛の原因ともなってしまうので注意が必要です。まずフケの正体は何かというと、そのほとんどが頭皮の古い角質細胞が剥がれ落ちていることが原因で、頭皮の垢のようなものです。
頭皮の角質がはがれるのは、新陳代謝によるものなので異常なことではありません。

しかし全体的な栄養不足やストレス、間違った頭皮ケアで発症することもあるので、毎日頭を洗っていてもすぐにフケが出る、シャンプー後に髪を乾かしているともうフケが出ている、いろいろな対策をしていても改善されないという人は、何が原因なのかを突き止め、効果的な対策法を取ることで改善につながることができます。

フケ(頭垢)とは?

濃い色の服を着た時など、人前では気になってしまうフケですが、フケとはそもそもいったいなんなのでしょうか。フケについて調べてみました。

フケは、頭皮の新陳代謝によって発生する老廃物です。体から出る垢(アカ)と同じものです。フケにも2種類があり、乾性のフケ脂性のフケがあります。フケが出ることは自然なことで、ある程度であれば心配はありませんが、過剰にフケが出てしまう時は注意が必要です。過剰なフケは、頭皮トラブルの元になります。
フケが原因で起こる頭皮トラブルを、以下で5つご紹介します。

フケがでることによっておこる頭皮トラブル

フケが出ることによっておこる頭皮トラブルはさまざまありますが、可能性の多いトラブルは以下の5つです。どのトラブルも頭皮を不快にし、頭皮と髪の健康を損ないます。
長期間対処をせずにいると、育毛トラブルに発展し、抜け毛や薄毛の原因にも!

  • 毛穴がふさがり炎症の元になる
  • 頭皮に雑菌が繁殖してしまう
  • ベタつきによるかゆみの発生
  • 掻くことによる頭皮のキズ
  • 抜け毛・薄毛

フケの種類

フケには大きく分けて2種類あり、それぞれに異なった症状、原因がありますので、ご自分が悩まされているフケがどちらにあてはまるか確認しましょう。
どちらのフケかどうかで、原因や対策は違ってきますので、フケの改善にはまずその種類を知ることが重要です。

脂性フケ(ギトギトフケ)

ギトギトフケは、脂っぽいフケのことで、「脂性フケ」とも呼ばれています。
特徴的なのは頭皮にへばりついてなかなか下には落ちないこと。
その分、頭皮から洗い流すのも一苦労です。見た目も大きく目立ちやすいので不快な印象を与えてしまいます。

ギトギトフケは皮脂の過剰分泌が原因

ギトギトフケの主な原因は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまっていることです。
皮脂は頭皮を刺激や乾燥から守るためにも必要ですが、分泌量が多すぎると剥がれ落ちる角質細胞と結びついて、ベタベタして落としにくくなってしまいます。

また、頭皮を清潔にしておかないでいると、フケの原因となる菌が繁殖しやすくなってしまうので、余計にフケが増えてしまいます。
ほかにも、脂っこい食事の摂りすぎや乱れた生活習慣なども、皮脂を過剰分泌させてしまうため、ギトギトフケの原因として考えられます。

乾性フケ(カサカサフケ)

カサカサの乾いたフケは「乾性フケ」ともいい、ぽろぽろ落ちやすいのが特徴的です。
ちょっと頭を掻いただけでもすぐに落ちてきて、気づくと肩の上に落ちていて、払ってもすぐにまた落ちてきてしまうのでお悩みの方も多いでしょう。

カサカサフケが出る理由は頭皮の乾燥が原因

このカサカサフケの主な原因は、頭皮の乾燥によるものです。
頭皮も皮膚のように乾燥しやすいタイプの人がいるので、乾燥肌の人やアトピーの人など、肌トラブルが起こりやすい人に多く見られます。

頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下してちょっとした刺激にも敏感に反応するようになったり、かゆみが発生したりして、頭皮環境が悪くなってしまいます。
すると、頭皮の新陳代謝であるターンオーバーが乱れて、通常よりも多くの角質が剥がれ落ちるようになってしまうのです。

また、フケが出ると頭皮が汚れているような気がして、入念に頭を洗う人も多いと思いますが、カサカサフケの場合は洗いすぎによっても悪化させてしまうので、注意が必要です。

確かに、頭皮を清潔にしておくことも大切なのですが、そもそもカサカサフケが出るのは洗いすぎて頭皮が乾燥しているためかもしれません。
シャンプーが原因の場合は、1日に何度もシャンプーする、洗浄力の強いシャンプーで洗っている、まちがった洗い方をしていることなどが考えられます。

頭皮が乾燥する原因

元々が乾燥肌の人は、やはり頭皮も乾燥気味になりますが、そうでない人も頭皮の乾燥が起こることがあります。頭皮の乾燥の原因を5つのケースで挙げてみました。

季節的要因

空気が乾燥している時期、とくに冬場はお肌と同じで頭皮も乾燥してしまいます。部屋を温める為の暖房も、頭皮の乾燥を進める要因にも!逆に夏場でもクーラーの風が直接当たるような場所に長時間いる場合は、頭皮の乾燥が起こるので注意が必要です。

過度な洗髪

1日に何度も洗髪をする、または長時間の洗髪をしていると頭皮は乾燥してしまいます。シャンプー剤を使っている場合はとくに、頭皮の脂分を必要以上に洗い流してしまっています。シャンプーの回数は、一日に1度が頭皮にとって最適です。

洗髪時のお湯の温度が高い

髪の毛を洗う時、お湯の温度が高すぎる事も頭皮の乾燥に繋がります。頭皮を乾燥させずに汚れを落とすことができる適切なお湯の温度は、35~37度だと言われています。暑すぎるお湯の使用には注意しましょう。

 

過度なブラッシング

一日に何度もブラッシングをする、または力を入れ過ぎたブラッシングをしていると、頭皮に余計な刺激が加わり、頭皮が乾燥する原因になります。日常的に使用するヘアブラシの素材にも、注意が必要です。プラスティックなどの硬い素材で出来たヘアブラシは、髪の毛と頭皮を痛めてしまい頭皮の乾燥を招いてしまうので注意してくださいね!

頭皮の日焼け

強い紫外線に当たり、頭皮が日焼けしてしまうことで乾燥が起こります。紫外線は肌の老化を早める作用があります。日焼けが良くないとされているのは、日焼けが驚くべきスピードで、肌の老化を進めてしまうからなのです。頭皮もお肌と同様に、ケアしなければ日焼けをしてしまい、乾燥に繋がります。

 

タイプ別フケの改善方法

ギトギトフケの改善方法

ギトギトフケの原因は、ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰分泌されることが原因となります。
そのせいで真菌が過剰に繁殖し、皮膚表面の角質がはがれ、皮脂によって頭皮にへばりつき、さらに真菌の増殖を促すという悪循環に・・・。
それを対策するには角質溶解剤や皮脂の過剰分泌を抑える薬剤が必要なこともありますが、何よりも頭皮を清潔に保つことが欠かせません。

ただ、頭皮をきれいにするために、洗浄力の強いシャンプーを選びがちですが、化学薬品を使用したものやせっけんシャンプーなどは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうおそれがあります。
洗いすぎると頭皮が乾燥して、今度はカサカサフケが発生してしまうことにもなりかねないので、シャンプー選びにも注意が必要です。

頭皮にやさしく、汚れをしっかり落として必要な皮脂を残してくれるのは、人間の細胞と同じ成分のアミノ酸シャンプーがおすすめです。
すぐにでもフケを何とかしたいという人は、スカルプケアなどの専用のシャンプーを使ってみてください。
また、シャンプーの選び方だけでなく、洗い方や洗った後の頭皮ケア、食事内容や生活習慣の改善にも努めてみましょう。

*おすすめの頭皮クレンジング剤はこちら⇒女性に人気のおすすめ頭皮クレンジングオイル&シャンプー13選

06274
頭皮や髪を不潔にしているならともかくも、お風呂に毎日入ってシャンプーを欠かさず行っている、つまり、清潔に保っているはずなのになぜかフケやかゆみが解消しない・・・そんなフケやかゆみに悩まされている女性は意外に多いものです。

では、なぜ清潔にしているのにフケやかゆみが生じてしまうのか?その原因を明らかにすると共にどうすればその原因を解決できるのか?悩める女性の皆様へ有効な対策等をご紹介して参ります。

清潔にしているのにフケやかゆみの原因

06275
まずは清潔にしているはずなのにフケやかゆみが解消しない原因から、明らかにしてゆくことにしましょう。フケやかゆみが解消しないポイントは、意外にも「清潔にしていること」にあります。

頭皮や髪の毛を清潔にするということは、シャンプーを行うことですよね。実はこのシャンプーに原因が隠されていたのです。シャンプーが招くフケやかゆみの原因は大きく二つに分けることができます。それが乾燥皮脂の過剰です。

原因その1:「頭皮の乾燥」

頭皮の乾燥は、主に乾燥しやすい肌体質の方や室外で仕事を行っている等により紫外線を長時間浴びている方などに起きやすい症状です。そのような方が洗浄力がとても高いシャンプーを使用していると、過剰に皮脂が奪われてしまい、その結果フケやかゆみを招く場合があるのです。

皮脂と聞くと「べとつき」や「臭い」等で何となく悪いイメージを抱いている方も多いのですが、皮脂が分泌される本来の理由は頭皮を保護するという大切な役割があります。頭皮の毛穴から分泌された皮脂が頭皮全体に行き渡ることで皮脂膜を形成し、頭皮を乾燥させないよう保湿してくれる役割を果たしてくれる他、皮脂膜には殺菌作用がありますので菌を寄せ付けなったり、殺菌してくれたりするなど、皮脂は頭皮にとってとても大切な存在なのです。それにも関わらず、元々乾燥しやすい肌の人が皮脂を強力に洗い落とすシャンプーを使用すれば、

頭皮のバリア機能を果たす皮脂がなくなることで菌が頭皮に付着して炎症即ちかゆみの原因となったり角質(=フケ)が乾燥により大きなサイズでボロボロとはがれ落ちやすくなることで、「フケが増える」といった症状に悩まされることになります。

原因その2:「皮脂の過剰分泌」

皮脂というのは先ほど述べたとおり、頭皮を守る大切な役割を果たしますが「適量」というものがあり、過剰に分泌されてしまうと逆に頭皮のトラブルを招く原因となってしまいます。

皮脂が過剰に分泌される原因は完全に解明された訳ではありませんが、その一つに実はシャンプーの洗浄力が指摘されています。

シャンプーにより頭皮が本来必要としている皮脂量までも洗い落とされてしまうため、それを補おうと皮脂腺が過度に刺激されてしまい、それが皮肉にも皮脂の過剰という結果を招く場合があるのです。
また、皮脂の過剰分泌にはシャンプー以外では「ストレス」や「脂分をたっぷり含んだ食べ物の偏食」や「暴飲暴食」、あるいは「運動不足」や「睡眠不足」などによってホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌を招いてしまうこともあります。

では皮脂が過剰分泌されるとどうなるかと言いますと、皮脂が毛穴を詰まらせることで毛穴部分が炎症を起こしてしまい、それがかゆみの原因となったり、過剰な量の皮脂が酸化した場合には殺菌作用も過剰となり、菌だけでなく頭皮自体にもダメージを与えてしまうため、フケやかゆみが増えてしまうことになります。

基本的な予防策は?

では清潔にしているのにフケやかゆみが増えてしまう場合の予防策について説明致します。

基本的な予防策は次の3点があげられます。

1.洗浄力や頭皮に対する刺激が強すぎない体質に合ったシャンプーを選択し、適切な方法でシャンプーを行うこと

原因の説明を通じておわかりになったとおり、乾燥しやすい肌体質であっても、皮脂が過剰分泌されている状況であっても、皮脂を落とし過ぎてしまう洗浄力の高いシャンプーはよくありません。

またシャンプーに配合されている成分次第で頭皮に合う、合わないといった個人差が生じ、合わない場合には頭皮のトラブルを招く原因となります。そのため自分の肌質にあっていることと、皮脂を必要以上に落とし過ぎない、頭皮に対してやさしいシャンプーを選定することがまず必要です。

もちろんシャンプーの使い方が不適切であれば良いシャンプーを使用していても、フケやかゆみが改善しない場合があります。爪を立てて強くシャンプーするなど、以ての外です。指のはら部分で頭の下部から上部にむかって頭皮をマッサージするような感覚で、「強く」ではなく「丁寧に」頭皮と髪をシャンプーするよう心掛けることが大切です。

 

2.規則正しい生活と栄養のバランスを重視した食生活を行うこと

ストレスや暴飲暴食・脂っこい食べ物の偏食・ホルモンバランスの乱れなども皮脂の過剰分泌の原因となりますので、規則正しい生活と共に栄養バランスのとれた食生活を送ることも大切です。また仕事でストレスを抱えがちな方は、カラオケやそれほどハードではないスポーツを楽しむこと、即ち運動をベースとしたストレス解消を心掛けると良いと言えます。

 

頭皮の保湿性や健康を保つために女性用育毛剤を活用すること

06276
乾燥しやすい体質の方は、刺激や皮脂洗浄力が優しいタイプのシャンプーを選択したとしてもシャンプーすることによって頭皮が乾燥してしまい、フケやかゆみを招く場合もあります。

また皮脂が過剰分泌されている状況では洗浄力や刺激の強いシャンプーはお伝えしたとおり逆効果です。そこで両方の対策としてぜひオススメしたいのが、女性用育毛剤の活用です。

女性用育毛剤には頭皮の保湿性を適度に保ってくれたり、皮脂の過剰な分泌を抑制してくれたりする成分が含まれている場合が多いため、入浴とシャンプーだけでは改善できない頭皮の乾燥、皮脂分泌過剰の両方の症状を改善してくれる効果が期待できるからです。

つまりシャンプーを行っているのにフケやかゆみが改善しない方は頭皮にやさしいシャンプーに切り替えて、規則正しい生活を送ることを心がけることが大切ですが、それでも解決しない、あるいはできるだけ早く解決を図りたいという場合には早期に症状を改善できる女性用育毛剤の活用がオススメです。

脂性フケの人がシャンプーを選ぶときに気を付けること

頭皮には大きく分けて脂性・乾性と2つのタイプがあります。
まずは、脂性フケの人がシャンプーを選ぶ時に気を付けておきたい事について説明をします。

脂性フケの人は、皮脂の分泌が多く、その脂分がフケになっています。洗浄力の弱いシャンプーでは、脂分や脂性のフケを十分に洗い流すことが出来ません。

脂性フケの人は、アミノ酸系のシャンプーの中でも洗浄力の高い界面活性剤であるココイルグリシンKや、消炎作用のあるグリチルリチン酸2Kの配合されたシャンプーがオススメ!

また脂性のフケが、頭皮環境を悪化させる雑菌やマセラチア菌の異常繁殖を起こす場合もあります。サリチル酸ミコナゾール硝酸塩など、抗菌、殺菌成分の入ったシャンプーを選ぶと、脂性の頭皮の環境の改善になります。

乾性フケの方がシャンプーを選ぶときに気を付けること

次に乾性フケの人が選ぶと良いシャンプーですが、肌を保湿する成分であるヒアルロン酸や、グリセリンの配合されたものがオススメです。優しい洗い上がりのアミノ酸シャンプーや、頭皮に刺激を与えない弱酸性の薬用シャンプーも乾燥した頭皮に効果的です。
コラーゲンや甘草エキスなど、頭皮の保湿に有効な成分が配合されたシャンプーで、頭皮の環境を整えてあげましょう。

フケのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介

フケにはシンプルに分けると、2種類のフケがあることを説明しました。
こちらでは、フケのタイプに分けてそれぞれのフケに効果のあるオススメシャンプーをご紹介します。

脂性のフケの方にオススメ!マイナチュレシャンプー

マイナチュレシャンプーは、脂性のフケ防止成分が配合されたシャンプーです。
アミノ酸洗浄成分で、毛穴に詰まった脂分を洗い流し、天然成分であるローマカミツレエキスが、頭皮の血行を促進し新陳代謝を活発にします。洗髪後の頭皮ケア成分として、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合されていて、洗い上がりの乾燥も防ぐことができます。

〇特徴

  • 皮脂を取りすぎないアミノ酸系洗浄成分を配合
  • 8種類のオーガニック成分・28種の植物成分で頭皮の健康を促進
  • ビート根エキス、コエンザイムQ10など植物性成分で頭皮を保湿

〇価格

・スカルプシャンプー単体を購入

価格 3,360円(税抜)
送料 750円

・スカルプシャンプー単体を定期購入

価格 2,884円(税抜)
送料 送料無料

・スカルプシャンプーとスカルプ&ヘアコンディショナーを定期購入

価格 5,768円(税抜)
送料 送料無料

公式サイトへ

乾性のフケの方にオススメ ナンバーロッカン No.06can シャンプー

ナンバーロッカンシャンプーは、非常に高品質なPPTが配合されているシャンプーです。
PPTとはポリペプチタイドの略で、コラーゲンやシルク等から作られたタンパク質に近い成分です。PPTは髪の毛や肌に大変馴染みやすく、頭皮の乾燥を抑え、乾性フケの防止に効果的です。

〇特徴

  • 美容室のオーナーがプロデュースしたプロフェッショナルシャンプー
  • 肌に優しい洗浄成分と補修成分を強化
  • 保湿成分である良質の寒天成分、プラセンタを配合

〇価格

・ナンバーロッカンPPTヘアケアシャンプー&ヘアケアトリートメントセットを単体で購入

価格 7,800円(税抜)
送料 送料無料

・ナンバーロッカンPPTヘアケアシャンプー&ヘアケアトリートメントセットを定期購入

価格 3,900円(税抜)
送料 送料無料

公式サイトへ

市販で買えるフケやかゆみに効果のあるミノン薬用ヘアシャンプー

ミノン薬用ヘアシャンプーは、頭皮を守りながら洗浄する植物性アミノ酸系薬用シャンプーです。頭皮本来の健康を意識し、バリア機能を正常にするような処方をしています。有効成分であるグリチルリチン酸2Kには、抗炎症作用があり頭皮の荒れによるフケやかゆみを防止します。

〇特徴

  • 赤ちゃんも使える安全な弱酸性、低刺激の薬用シャンプー
  • サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)で皮脂の洗い流しを防ぐ
  • 薬局やドラッグストアなど市販でも購入が可能

※以下の価格は楽天価格を記載しています。(アマゾンには450mlのみの販売しかなかった為)

〇価格

・ミノン薬用ヘアシャンプー120ml

価格 約 631円
送料 販売店舗・地域によって様々

・ミノン薬用ヘアシャンプー450ml

価格 約 1,242円
送料 販売店舗・地域によって様々

公式サイトへ

ミノン薬用シャンプーでフケが出るのか第一三共ヘルスケアに直接聞いてみた。

実際に第一三共ヘルスケアのお問い合わせ担当者に連絡をして、ミノン薬用シャンプーについての質問をしてみました。フケについての疑問や、フケやかゆみに効く成分についての質問です。以下やりとりの詳細をご覧ください。

ユーザーユーザー

Q.ネットの口コミを見ていたら、フケが治ったという人とフケやかゆみが増えてしまった人がいるようですが、どうしてでしょうか?


オペレーターオペレーター

A.頭皮にも個人差があり、すべての人の頭皮に合うわけではございませんので、何らかの成分が頭皮に合わず、効果が出ない場合もございます。


ユーザーユーザー

Q.ミノンに含まれているフケやかゆみに効く有効成分を教えてください。


オペレーターオペレーター

A.有効成分として、抗炎症作用のあるグリチルリチル酸2Kを配合し、頭皮の環境を改善し、 フケ・かゆみを防ぐ効能がございます。


ユーザーユーザー

Q.逆にミノンに配合されている成分でフケやかゆみを引き起こす可能性のある成分はありますか?


オペレーターオペレーター

A.ミノン薬用へアシャンプーは、植物性アミノ酸系洗浄成分を配合し、頭皮のうるおいを守りながら洗う低刺激性処方となっておりますので、余分な負担をかけずにやさしく洗い、フケ・かゆみなどの頭皮トラブルを防ぎます。フケやかゆみを引き起こす可能性のある成分は配合しておりませんが、個人差により何らかの成分が頭皮に合わない場合もございます。

ミノン薬用ヘアシャンプーまとめ

ミノン薬用ヘアシャンプーは、大衆向けに販売されている商品なので、使う人の頭皮環境によって向き不向きがあるようです。第一三共ヘルスケアのお問い合わせ担当者によると、一押しのフケに有効な成分は、抗炎症効果の高いグリチルリチン酸2Kとのことでした。

この成分は、一般的に市販されている多くのシャンプーに含まれていますので、ミノン薬用ヘアシャンプーだけに処方されている訳ではありません。ですが添加物をできるだけ排除して余計な成分を加えていないという点で、添加物だらけであるその他市販シャンプーよりは、安全面に配慮をしているシャンプーだと感じました。

フケの原因である頭皮環境の悪化につながる可能性のある成分が入った市販のシャンプー

普段使っているシャンプーを選ぶ時に、どんな理由で選んでいますか?
髪の毛がサラサラになる、良い匂いがするからというように、何気ない理由で選んでいるシャンプーが、頭皮トラブルやフケの原因になっている恐れがあります。

今回は、使用中にフケやかゆみが出てしまったという口コミが多かった4つの市販シャンプーをピックアップしてみました。頭皮環境が悪化する可能性のある成分も一緒に挙げています。これまで中身を知らずにシャンプーを選んでいた人は、要チェックです。

H&Sシャンプー

H&Sシャンプーは、皮脂を洗浄する力が強いことで有名なシャンプーです。頭皮の脂分が原因で起こる脂漏性皮膚炎を改善すると言われている程の洗浄力です。
この強力な洗浄力を作り出す為に配合されている化学成分は、万人に効果的な訳ではありません。ひとつ間違うと、頭皮環境を悪化させてしまうような以下の成分が含まれています。

・ジンクピリチオン液

ジンクピリチオン液は、抗菌、防腐効果のある化学物質です。
フケを防止する効果があり、この物質を配合しているシャンプーもあります。ですが、ジンクピリチオン液は、環境ホルモンの疑いがあると国立環境研究所が発表されています。

環境ホルモンとは:生体に障害や有害な影響を引き起こす作用を持つ物質
出典:農林水産省・消費安全政策科

環境ホルモンについてのPDF

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液

ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液は、合成界面活性剤と呼ばれる化学物質です。洗浄効果は抜群なのですが、あまりにも高過ぎる洗浄力が肌を傷めてしまい肌荒れや炎症を引き起こします。細胞内にも入り込みやすく、細胞そのものを破壊する危険性があります。

・ラウリル硫酸アンモニウム

ラウリル硫酸アンモニウムは、原価の安い石油由来の合成界面活性剤です。
洗浄力が高いので、頭皮の脂分を除去することに長けています。ですがその反面、頭皮や皮膚内への浸透力が高く、肌のバリア機能を低下させ湿疹や肌荒れの原因を作ります。

・合成香料

合成香料は、人工的に作られた化学物質です。
シャンプーにはいい香りのするものが沢山あり、頭皮の嫌な臭いを隠してくれますが、人体に悪影響を及ぼす事もあります。皮膚に付着し、皮膚炎、肌荒れの原因になります。アレルギー症状を誘発し、湿疹、かゆみを起こします。

公式サイトへ

 

ボタニスト

ボタニストは、ボタニカルシャンプー、いわゆる「植物由来の成分」を配合したシャンプーです。ひとくちにボタニカルと言っても特に定義はなく、どの程度植物由来成分を含んでいればボタニカルシャンプーとなるのかは、非常に曖昧です。化学成分が含まれていないという訳ではなく、実際に以下のような化学物質が配合されています。

・メチルイソチアゾリノン

メチルイソチアゾリノンは、化粧品やシャンプーに使われている防腐剤です。殺菌力が非常に高いのですが、その強力さゆえ、ヨーロッパでは洗い流さないタイプの商品に使用することが禁止されています。メチルイソチアゾリノンは、肌に残留して、アレルギーを起こすことがある化学物質です。

・メチルクロロイソチアゾリノン

メチルクロロイソチアゾリノンは、上記メチルイソチアゾリノンとセットにして配合することで、高い防腐効果を発揮する防腐剤です。こちらもヨーロッパでは、洗い流さないタイプの商品への使用は認められていません。アレルギーを誘発する化学物質です。

・合成香料

合成香料は、人工的に作られた香り成分です。
シャンプーやリンス、コンディショナーなど、市販のものには必ずと言っていい程に配合されている化学物質です。皮膚への残留性が高いので、皮膚炎、肌荒れの原因になります。アレルギー症状、湿疹、かゆみが起こります。

公式サイトへ

 

ミノン

ミノン薬用ヘアシャンプーは、余分な成分を加えず出来るだけシンプルな成分で作られた薬用シャンプーです。
優しい洗浄成分で、頭皮の健康を損ねないタイプの商品です。ですが、保湿や頭皮環境の改善に繋がるような成分は特別に配合されていません。乾燥対策は別でしなければ、フケやかゆみが起こる可能性があります。

・パラベン

パラペンは、雑菌や微生物の繁殖を防ぐために配合される化学物質です。
パラペン自体に頭皮や肌を殺菌する力があるわけではなく、シャンプーやリンスの中で菌が繁殖するのを防ぐ効果があります。毒性は低いのですが、全く害がないという訳ではありません。

公式サイトへ

 

HARUシャンプー

HARUシャンプーは、100%天然成分由来のエイジングケアシャンプーです。
添加物も少なく、頭皮に余計な刺激を与える可能性が非常に少ないのが特徴です。
しかし、天然由来成分だから全くもって安全だという訳ではありません。このシャンプーにも、植物由来ではありますが化学成分が含まれています。

・ピロクトンオラミン

ピロクトンオラミンは、その殺菌力で頭皮の嫌な臭いを防ぐ効果のある有機化合物です。雑菌が発生しやすい脂性のフケに悩む頭皮タイプの人には有効な成分です。しかし、頭皮の常駐菌や良い菌まで殺菌してしまうことから、頭皮のバリア機能を下げることに繋がります。

・グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は、甘草から作られた抗炎症作用がある化学物質です。頭皮の炎症に効果的ですが、長期間使用することでステロイド剤のようなリバウンド作用が起こります。
過剰な量でなければさほど心配するものではありませんが、全くの無害ではない物質です。

公式サイトへ

フケの原因となる成分

これまでにご紹介したもの以外にも、フケの原因になる成分はあります。
市販のシャンプーに配合されている、刺激が強く、洗浄成分も強い成分を4つご紹介します。

・ラウリル硫酸ナトリウム

皮脂の洗浄力が高く、肌に残留しやすい合成界面活性剤です。

・サリチル酸

フケやかゆみに効果的な反面、乾燥から皮膚炎を起こす可能性があります。

・高級アルコール系界面活性剤

洗浄力があり、シリコンが含まれている合成界面活性剤です。

・ラウリルベンゼンスルホン酸Na

洗浄力が高く、必要な皮脂を除去する可能性のある合成界面活性剤です。
※ノンシリコンシャンプーによく使われています。

どんな成分が入っている育毛剤がおすすめ?

さきほどは、シャンプーを紹介させて頂きました。では育毛剤はどんなものをえらべばいいのでしょうか。女性用育毛剤は何でもよいと言う訳ではなく、先ほどお伝えしたとおり、シャンプーを行っているのにフケやかゆみが改善しない二つの大きな原因に作用する成分が含まれていることが大切です。二つの原因となる頭皮の乾燥、あるいは皮脂の過剰分泌に効果的な成分とはどのようなものか、代表的なものをご紹介します。

アミノ酸

人間の細胞を活発にさせる上で大切な栄養素です。頭皮や髪の毛すべてを活発、元気にすることが、健康的な頭皮の状態を保つ上で不可欠。そのような意味でアミノ酸は必須の成分といって良いでしょう。

ヒアルロン酸

保湿や保水効果の代名詞のように例えられる成分がヒアルロン酸です。とくに乾燥しやすい肌体質の方には必須の成分と言って良いでしょう。

ヒキオコシエキス

植物由来の成分ですが、ヒキオコシエキスには保湿や皮膚の新陳代謝を促す効果がある他、かゆみの原因となる菌の繁殖を抑制する抗菌作用もあります。

海藻エキス

海草が髪の毛に良いという話はよく耳にしますが、なぜなら海草は亜鉛やビタミン、ナイアシンといった髪の毛を健康的な状況に保ったり、育毛したりする上で大いに役立つ栄養素の宝庫だからでです。

アロエエキス

アロエの成分も抗菌作用がある他、ヒアルロン酸同様頭皮を保湿する場合に高い効果が期待できます。

ほかにも頭皮を健やかに保ったり、保湿性や抗菌性を高めたりする成分はありますが、ご紹介した成分は女性用育毛剤の成分として長年使用され続けてきた、いわば実績という面で特に安心感が高い成分と言えます。

いずれにせよ、自分が抱えている症状や肌体質を踏まえた上で、必要と考えられる成分が含まれているかどうかをしっかりと確認した上で女性用育毛剤を選定することが大切です。

上記のおすすめ成分が配合されている女性用育毛剤をピックアップ!

img_64

ベルタ 【上記5種類の有効成分のうち、4種類を配合している!】

pict-蜀咏悄 2015-12-20 16 19 52

有効成分 アミノ酸14種類・ヒアルロン酸・ヒキオコシエキス・海藻エキス
無添加
返金保証 90日
価格 通常価格5,980円+送料648円
定期購入 初回3,980円
2回目以降4,980円
  • 有効成分の32種類を毛穴の1000/1までナノ化し、毛根に届けてくれます。
  • 定期便だと、フケ・かゆみに効果のある「頭皮クレンジング」を毎回育毛剤とセットで届けてくれる
  • 90日間の全額返金保証

ベルタ育毛剤

 

img_65

マイナチュレ 【上記5種類の有効成分のうち、3種類を配合している!】

mn_002

有効成分 アミノ酸10種類・ヒキオコシエキス・アロエエキス
無添加
返金保証 90日
価格 通常購入 5095円+送料
定期購入 初回半額2371円 2回目から4742円 ※送料無料

マイナチュレ

 

img_66

リリイジュ 【お試し価格500円で試せる!】

pict-蜀咏悄 2016-01-31 14 53 23

有効成分 ヒアルロン酸
無添加
返金保証 なし
価格 お試し500円
通常購入 3066円
  • 定期便の縛りなどはないので、効果が無ければ解約OK
  • シャンプー・トリートメントもセット!

45

お伝えしたとおり、頭皮や髪の毛を清潔にするために使用していたシャンプーが、実は余計にフケやかゆみを招く原因となってしまうことがあります。

現在使用しているシャンプーを見直すことは不可欠と言えますが、それだけでは根本的に解決しない場合もあるのは事実です。

規則正しい生活を心掛けると共に、女性用育毛剤を活用することで、いやなフケやかゆみと早期にオサラバできるようにしましょう!!!

ギトギトフケの対策まとめ

  • 毎日シャンプーする(1日1回)。
  • シャンプー前にブラッシングをしてフケや汚れを落としやすくする。
  • シャンプーは洗浄力や刺激が強すぎないものを選ぶ。
  • シャンプーを付ける前にお湯で予洗いをし、毛穴を開かせる。
  • シャンプーは頭皮に直接つけないように、手で泡立ててから洗う。
  • 洗うときは爪を立てて頭皮を傷つけないように注意し、指の腹で洗うようにする。
  • シャンプーのすすぎ残しもフケの原因になるため、すすぎは洗う時よりも念入りに。
  • シャンプー後はそのまま放置しないですぐ乾かす。
  • 脂っこい食事は控えめにして、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を送る。

カサカサフケの改善方法

カサカサフケの大きさは細かく、毛穴につまりやすいという特徴があり、主な原因は頭皮の乾燥によって発症します。毛穴につまったフケを常在菌が餌とし頭皮をダメージ、薄毛を発症することもあります。カサカサフケを防ぐには頭皮を乾燥から守り、保湿することが効果的です。

髪の毛がある頭皮は、どうやってケアしたらいいか悩んでしまいそうですが、基本的には顔などのスキンケアと同じように考えるといいでしょう。顔も乾燥させないように、洗いすぎや刺激を与えないように注意しますよね。その上で、保湿をして乾燥から守っています。同じように、頭皮も洗いすぎないようにし、紫外線や乾燥した空気にさらさないようにして刺激から守ってあげましょう。

また、シャンプー後に椿油やオリーブオイルなどを含んだ保湿剤を塗り込んであげると効果的です。
ヘアカラーやパーマ液なども頭皮の刺激になりますので、フケが治まるまではカラーリングやパーマは控えておいたほうがいいでしょう。

カサカサフケの対策まとめ

  • シャンプーは1日1回(それ以上洗いたい場合はお湯のみで洗う)。
  • 洗浄力の強いシャンプーは避けて、乾燥肌や敏感肌用のやさしい成分のものを選ぶ。
  • シャンプーする時は爪を立ててゴシゴシ強く洗わない。
  • 髪を洗った後はオイルや美容液、育毛剤などで保湿する。
  • ドライヤーは近づけ過ぎないようにし、できれば60度以下の低温で乾かす。
  • 血行を良くしたり保湿に役立つ食材を食事に取り入れる。

育毛剤にも配合されている!フケ予防に効果的な成分

頭皮の乾燥を防いだり皮脂を除去するためには、角質溶解剤や抗脂漏剤、保湿剤などの成分が有効。これらのフケを対策する有効成分は、すべて育毛剤に含まれており、ギトギト・カサカサフケには非常に効果的です。

※参考までに角質溶解剤、抗脂漏剤、保湿剤などは育毛剤に次のような成分名で含まれています。

◎角質溶解剤:エビネエキス、サリチル酸、トレハロース、ポップエキスなど

◎抗脂漏剤:チオキソロン、ビタミンB6、アマモエキス、カシュウなど

◎保湿剤:ヒアルロン酸、コラーゲン、昆布エキス、アロエエキスなど

*フケの改善に効果的な育毛剤はこちらをご参照ください⇒清潔にしているのにフケやかゆみが気になるのはなぜ・・・?改善策とおすすめ育毛剤

なかなか改善されない場合は病院の受診を

皮脂が多すぎることによって炎症が起こり、大量のフケが発生している場合は、「脂漏性皮膚炎」の可能性もあります。
炎症が起きるとなかなか治らず、繰り返し起こる可能性が高いので、早めに皮膚科を受信するようにしましょう。

*脂漏性皮膚炎について詳しくはこちら⇒女性の抜け毛と脂漏性頭皮の関係って?シャンプーやカラーリング?

外出先でフケが出てしまった!治るまでの応急処置は?

フケが出ているとやはり一番気になってしまうのが、人の目です。フケがあることで、不潔な印象を持たれてしまう事も考えられるので、外出先では特に応急処置で乗り切りたいものです。フケが出て困っている時、簡単にできる応急処置の方法を4つご紹介します。

1.目の細かいクシを持ち歩いておく

外出する時は、目の細かいクシを持ち歩き、鏡のある場所で髪をとかして頭部のフケをこまめに取り除きましょう。

2.帽子で隠す

気になるものはそもそも隠してしまうのが一番効果的です。
外出する時は、フケが出ていないか不安に思う気持ちをなるべく少なくする為に、帽子を被ってしまうことをオススメします。

3.白などの明るい色の服を着る

どんなに細心の注意をしていても、フケは出てきてしまう厄介なものです。肩や背中にフケが落ちてしまう事を防げない場合は、フケが目立ちにくい白など明るい色の洋服を着るようにしてみましょう。

4.携帯用のエチケットブラシを持ち歩く

フケが頭から落ちて服に付くことが気になってしまう時は、携帯用のエチケットブラシでこまめにフケを取り除くようにしておくのもいいでしょう。

まとめ

フケは薄毛の前兆と言われています。その元の原因となる栄養不足やストレス、ホルモンバランスなどの改善は日頃の生活習慣を見直すことで改善できます。

しかし、すでに発症している症状を抑えるためには、育毛剤などで現状を改善していくことが大切です。

そうすることで、洗ってもフケが発生したり、肩にフケが落ちてくることがなくなり、なによりも将来的に薄毛になる確率を低くすることができます。