ws000165
女性用育毛剤を選ぶ場合は「どれが効果的か」ということばかりが重視されがちですが、医薬品でもあるため「副作用が生じない育毛剤選び」という観点も大切です。

そこで今回は、副作用のない女性用育毛剤選びが「ワカル」記事を皆様へお伝えして参ります。

形状別 塗るタイプは?飲むタイプは?

女性用育毛剤は頭皮に塗るタイプと服用するタイプ、即ち飲むタイプの大きく二つに分けることができます。

そこで塗るタイプ、飲むタイプそれぞれの副作用の発症について分けて説明いたします。

161476

塗るタイプでは

塗るタイプの女性用育毛剤は実に様々な商品があり、それぞれの育毛剤ごとに含まれている成分が異なります。

そのため、塗るタイプの女性用育毛剤は育毛剤そのものと言うより、含まれる「成分」によって副作用が生じる可能性が変わってくるとの認識が必要です。

では仮にある成分が副作用を招きやすいからといって、その成分が含まれている女性用育毛剤では必ず副作用が生じるかと言えば、そうは言えません。

その点は個人差があり、体質の違いなどと大きく関わってきます。

また、そもそも病院で処方される育毛剤ではなく、市販されている女性用育毛剤は医薬品であっても重篤な副作用が生じにくいものに限られています。

塗るタイプの女性用育毛剤の副作用については、次のようにまとめることができます。

  • 女性用育毛剤と一口に言っても含まれる成分が商品によって異なるため、副作用は商品によって起きる可能性があったり、なかったりする
  • 市販されている育毛剤は重篤な副作用を招く可能性が大変低いものに限られている。従って仮に副作用が生じてもそれほど深刻な健康被害が生じる可能性はとても低い

飲むタイプでは:パントガール

育毛剤の飲み薬の多くは実は男性向けのものが多く、それら男性向けの飲み薬を女性が服用した場合にはかなり重い副作用が生じる場合もあります。

それだけに余程のことがない限り、医師としても副作用を回避する意味でそうした危険性が懸念される飲み薬を女性に処方することはまずありません。

そのような中にあって、「パントガール」という飲み薬は数少ない女性用の飲むタイプの育毛剤です。

パントガールは海外で製造されている医薬品であり、この飲み薬を入手するには主に美容クリニックで診察を受けて医師から処方してもらうという方法と、個人輸入するという方法があります。

ネット上では「パンドガールは手軽に入手できる」といった宣伝広告を行っているサイトも見かけられますが、そうした宣伝文句に釣られて個人輸入で購入することはオススメできません。

女性用の飲み薬ですので女性が服用しても副作用の心配はあまりありませんが、個人が医師の指導もなく医薬品を勝手に服用することは望ましいことではないからです。

パンドガールは実際のところ、それほど重篤な症状を招くような副作用は生じていないと報告されていますが、それはあくまで現段階の話であり、且つ正しい服用方法に基づいて使用した場合の話です。

逆に言えば医師指導のもとで正しく服用すれば、パンドガールについてはそれほど深刻な副作用を心配する必要はないと言えます。

成分別 どんな成分が副作用の可能性が高くなる?

では塗る育毛剤を前提としてどのような成分が副作用の可能性が高まるか、代表的なケースをいくつかご紹介いたします。

161476

アルコール成分

エタノールやエチルエーテルといったアルコール成分は頭皮の殺菌作用、育毛剤塗布時の清涼感を出すため等の理由から多くの育毛剤で使用されています。

しかしながらアルコール成分は頭皮の水分を過剰に奪ったり、頭皮へ刺激を与えるため、特に敏感肌の方や乾燥肌の方は頭皮の健康トラブルが生じる可能性があります。

また、アルコールアレルギーがある方なら様々なアレルギー症状が副作用として生じる可能性があります。

ミノキシジル

頭皮の血管を拡張し頭皮の血行を促すことで、頭皮の健康状態を改善するために含まれる成分がミノキシジルという成分です。

ミノキシジルは医療機関でもともも心臓病や高血圧症の治療で長年使用されており、血管拡張効果としてはかなり高い効果が期待される反面、それほど重篤にはなりませんが、比較的副作用が生じやすいと言われています。

つまり効果的であるがゆえに、その副産物として副作用が生じやすい面があるのがミノキシジルと言えます。

植物由来の成分

育毛剤には例えば様々な植物成分を配合したものが数多くあります。

そうした植物から抽出された成分は天然由来ということで安心、安全を大々的に訴えて販売されている場合が多いのですが、もしその植物に対するアレルギーをお持ちの方なら、副作用としてアレルギー反応が引き起こされる可能性があります。

この点は個人差があり、一概には言えませんが、どのような植物にアレルギーがあるかをアレルギー反応テストなどを通じて理解しておくことが、植物由来の成分配合の育毛剤で副作用のトラブルを回避するために必要と言えます。

副作用って具体的にどんな症状?

b304327ae6581a124e639f3c6a904471_s

では育毛剤を使用することで生じる副作用の症状とは、具体的にどのような症状があるのでしょうか。

症状を「頭皮部分」と「頭皮以外」で分けた上で、代表的な症状例をご紹介します。

頭皮部分

頭皮部分で発生する副作用には、次のような症状があります。

  • 頭皮がかゆくなる
  • 頭皮に湿疹やかぶれが生じる
  • 頭皮に赤みが生じる

育毛剤を塗布した際瞬間的に頭皮がむずがゆくなることがありますが、これは誰でも起き得ることであり特別な現象ではないので深刻に考える必要はありません。

しかしながら、頭皮のかゆみが長時間おさまらないとなれば別問題です。通常ではあり得ませんので副作用が生じた可能性が高いと言えます。

また、湿疹やかぶれ、赤みが生じるといった視覚的にはっきりと確認できるトラブルが頭皮に発生した場合も副作用が生じたものとして速やかな対処が必要です。

  • 脱毛

育毛剤を塗ったことで、育毛剤が体質に合わない等の理由から脱毛が進んでしまうという症状が生じる場合もあります。

ただし、育毛剤を使用開始後しばらくの期間の脱毛は「初期脱毛」と言って、頭皮が健康的な状態に戻るプロセスにおいて、一時的に脱毛が増える現象があります

この現象は副作用どころか、育毛剤の効果が表れていることの証左とも言える現象なので深刻に考える必要はありません。

しかしながら初期脱毛は多くの場合一月程度で治まってくるものなので、脱毛がもし二月以上続くような場合は初期脱毛の症状ではなく、育毛剤が合わないためにトラブルとして脱毛が生じている可能性が高いと考えられます。

この点は個人差があり一概にこうだとは言いにくい面がありますが、大切なことは「初期脱毛」という症状があることを踏まえて、使用直後少なくとも1~2週間程度の脱毛なら、慌てず様子をみることが大切です

頭皮以外

頭皮以外では次のような症状が副作用として表れる場合があります。

  • 頭痛
  • 動悸、息切れ、めまい
  • 胃痛や胃の不快感

こうした症状はミノキシジルなどが配合された育毛剤使用によって、生じる場合があることが報告されています。

但し、頭皮以外のトラブルは飲む育毛剤に生じる場合が多く、女性用育毛剤として処方される飲み薬は既にお伝えしたとおり大変限られている状況にありますので、頭皮以外のこうした副作用が生じるケースは限定的と考えて構いません。

  • 頭皮部分以外のかゆみ

しかしながら、例えばアルコール成分や特定の成分に対するアレルギーがある方がそれら成分を含んだ育毛剤を使用した場合には、頭皮以外でも様々なアレルギー反応が生じる場合があります。

その代表的な症状が頭皮以外の部分、場合によっては全身にかゆみなどが症状として表れる場合があります。

副作用が出てしまったらどうしたらよい?

147896

初期脱毛といった正常な現象ではなく、湿疹や赤みといった明らかな身体への健康トラブルが確認された場合の第一の基本的対処方法は

使用している育毛剤を直ちにストップすること

です。

原因が育毛剤だけとは限りませんが、育毛剤の使用後に生じた場合なら因果関係が深いと考えられますので、使用を直ちに止めて様子をみることです。

その上で、症状が重く苦痛が伴うようであれば第二ステップとして赤みや湿疹なら皮膚科、頭痛や胃痛なら内科のある病院に行き、医師の診察を仰ぐことが大切です。

また、育毛剤が大きな原因とまでは言えないけれどもストレスやハードな仕事で体力や抵抗力が弱っている場合にはそうした副作用を招きやすくなることもあります。

従って、病院で治療する以外の対処策としては

  • 十分な睡眠時間を確保すること
  • 規則正しい生活を送ること
  • 栄養バランスを考えた健康的な食生活を送ること

も有効であり、これらは副作用の有無に関わらず、髪の毛の発毛、育毛を促す意味でも大切な取組みといえます。

まとめ「副作用のない女性用育毛剤の選び方」とは

副作用に対する前提の理解として

今回の記事を読まれて、中には育毛剤に対してナーバスになってしまった方もいるかも知れません。

しかしながら、市販されている女性用育毛剤において重篤な副作用を招く育毛剤は基本的にないと考えて構いません。

副作用のリスクが高い成分を含んだ医薬品は市販が認められてないからです。この点は前提としてぜひ理解しておいて欲しいことです。

自身のアレルギーや体質を知ること

体質、特に肌タイプやアレルギーには個人差があります。

従って副作用のない女性用育毛剤選びを行う上で大切なことは

・自身のアレルギーについて正しく知ること

・自身の肌体質について正しく認識すること

以上の二点です。

その二点を踏まえた上で、例えばアルコールに対するアレルギーが強い人ならノンアルコールの育毛剤選びことが副作用回避のポイントとなってきます。

また敏感肌タイプの方なら、頭皮だけが刺激に強いといったことは考えにくいため、低刺激であることを訴求している女性用育毛剤を選ぶことが大切になってきます。

このように副作用を回避した女性用育毛剤選びに大切なことは、自分の体質を正確に認識した上で体質に合った、あるいは自分の体質でも問題が生じない育毛剤選びを行うことだと言えます。

返品保証制度を有効活用するのも一つの方法!

547355

しかしながらユーザー側が事前に副作用が生じるかどうか完全に見極めた上で、育毛剤を選ぶということはとても難しいことです。

そこで、女性用育毛剤によっては「30日間(利用した場合でも)返品保証」が可能な商品が数多くありますので、返品保証制度がある女性用育毛剤を試してみるというのも一つの方法です。

そうすれば万一副作用が生じた場合にも育毛剤の利用をストップできますし、尚且つ経済的なリスクも回避することができます。

予防できる!生理前の抜け毛の対策とは?