426

低温ドライヤーとは?

4261
みなさんはどんなドライヤーを使っていますか?

一般的な市販のドライヤーを使っている人も多いと思いますが、温風の温度にはあまり気を使っていないのではないでしょうか。

実はそれって、かなり髪の毛や頭皮に負担をかけているんです。
なぜかというと、髪が耐えられる耐熱温度は100度以下。でもドライヤーの温度は最高でなんと140度。
こんなにも高温の熱をわずか10cm離した箇所から当てていると、当然髪や頭皮はダメージを与えられてしまいます。

熱風が熱いと感じたり、ドライヤーで乾かした後は髪がパサパサでいつも傷んでいるという人も少なくないでしょう。
でも、ドライヤーを使わない自然乾燥も、頭皮や髪は良くないんですよね。
こういったお悩みすべてを解消してくれるのが、低温ドライヤーの存在なのです。

髪や頭皮が耐えられる温度

みなさんは、「髪が濡れているときの耐熱温度」って知っていますか?
乾燥しているときは100℃以下でも、髪が濡れていると膨潤しているので、もっと低めが理想的なんです。

そして頭皮。これも髪と同じタンパク質でできているため、耐えられる温度は髪と一緒。神経が通っている分もっと低いほうがいいんです。
薄毛が気になる方は、高温ドライヤーによって余計に頭皮をダメージさせてしまっている恐れがあります。

髪の毛の表面は、キューティクルで覆われており、これによって水分を保持してうるおいを閉じ込め、ツヤのある髪を守ってくれます。
しかし、高温のドライヤーなどでヤケドした状態になると、キューティクルが開いて水分が蒸発しやすくなり、髪が傷んだ状態になってしまうのです。
4262
こういった頭皮や髪の毛のダメージは、抜け毛や薄毛の原因になる可能性もあるんです。

高温のドライヤーにより頭皮が乾燥するとかゆみやフケが生じたり、炎症を起こしたりして頭皮環境を悪くしてしまうことも・・・。
薄毛や抜け毛に悩んでいる人も、ドライヤーを見直してみることを強くおすすめします!

低温ドライヤーがなぜ良いのか?

4263
ドライヤーの熱によって薄毛になるなんて、そんな損したことにならないためには低温ドライヤーがオススメ!

低温ドライヤーは、ただ単に温度が低温というだけではありません。普通のドライヤーだと当てたところに温度が集中し高温になります。
しかし熱を分散し、強めの温風を送ることで高温ドライヤーよりも早く髪や頭皮が乾きます。低温で速乾。これってとても髪や頭皮の健康には大切なことです。

ダラダラ乾かしているとその間にも水分で膨潤し、開いたキューティクルから栄養素が抜けだしてしまいます。皮膚も同じく膨潤しますから、保湿成分が垂れ流し状態に。

それを防ぐのが低温ドライヤーの特徴です。だから、髪のダメージはもちろん頭皮ダメージも防いでくれるので、薄毛や抜け毛の心配がなくなります。

 

オススメのドライヤー

私の知っている低温ドライヤーで「いいな~」と思うのがHeat Care 60℃。ヘアモデルさんにも愛用されていて、高級旅館にも置かれているそうですよ。
020

低温なのに速乾

このドライヤーはとにかく髪が乾くのが早い。低温でありながら速乾できるので、その分、髪や頭皮のダメージも防げます。
温度が低くなると、その分髪の毛が乾くまで余計に時間がかかってしまいそうですよね。
確かに、温度が低いだけだと、乾かす時間は増えてしまいます。
なぜ、低温なのに速乾なのか、その秘密は熱風の温度にムラがなく均一だからなんです。

実は、従来のドライヤーは、中心の温度は高くても外側の温度が低くてムラがあったために、部分的に髪を痛めるほど熱風なのに髪が乾きにくかったのです。
この低温ドライヤーは、髪にやさしく乾かしやすいラインの60度の温風がムラなく当てられるので、これまでのドライヤーよりも早く髪を乾かすことができるのです。

サラツヤ髪が手に入る

これまでのドライヤーは高温により髪を傷めたり、必要な水分まで奪ってしまって、パサついたりツヤがなくなるということに悩んでいた人も多いでしょう。
低温ドライヤーなら、髪に水分を閉じ込め、キューティクルを守ってくれるので、サラサラツヤツヤの髪に仕上がります。

スタイリングもバッチリ!

でも、「ブローやくせっ毛伸ばしは無理なのでは?」
私も最初はそう思ったのですが、わりとブローしても大丈夫。毛先のワンカール程度やくせっ毛もちゃんとブローで伸びてくれました。
これまでのドライヤーと使用感は変わりませんし、スタイリングもできますよ。

ヒートケア60の購入は公式サイトで

ヒートケア60は、公式サイトでの通販でしか購入できませんので、ほかのお店で買えるものは類似品のおそれがあります。
公式サイトでの通常価格は、24,800円(税抜)+送料500円(税抜)。
*今なら簡単なアンケートに答えて5,000円割引の19,800円(税抜)で購入できます!

髪を傷めない乾かし方

低温ドライヤーを使いたいけど、すぐに購入できないという人は、乾かし方に気を付ければ普通のドライヤーでもダメージを減らすことができますよ。

1.タオルドライをしっかりする

ドライヤーを使う前に、ある程度の水分はタオルで取っておきましょう。
髪に水分が残っていると、その分ドライヤーを使う時間が長くなり、髪を傷める原因になってしまいます。
タオルドライをする時も、ゴシゴシ乱暴に髪をこするのではなく、やさしく包み込むようにして、水分をタオルに吸い取らせるようにしましょう。

2.髪から20cmくらい離す

早く乾かそうとすると、ついついドライヤーを近づけすぎてしまいますが、低温ドライヤーでない場合は、髪だけでなく頭皮にもダメージを与えてしまいます。
ヤケドする可能性もあるので、あまり近づけすぎないように注意してください。

3.1点に集中させない

ドライヤーで髪を乾かしている時は、テレビを見ながらとか会話をしながらとか、ながら作業になりがちです。
そうすると、ほかのことに気を取られてドライヤーを動かすことを忘れてしまっていませんか?
同じ部分に熱風を当て続けると、そこに熱が集中してしまうので、こまめにドライヤーを動かして、全体的に乾かすようにしましょう。

4.頭皮から毛先にかけて乾かす

髪を乾かすというと、髪の毛の水分だけ乾かせばいいと思いがちですが、頭皮も意外と濡れています。
それに、毛先の方から乾かそうとすると、キューティクルに逆らうことになるので、髪の毛が傷んでしまいます。
ですから、頭皮から毛先の毛の流れに従ってドライヤーを当てるようにしましょう。

5.最後は冷風で

ある程度(8割程度)乾いたかなと感じたら、ドライヤーの冷風機能で仕上げます。
そうすると、キューティクルが引き締まって、ツヤが出て健康的で美しい髪に仕上がります。

まとめ

4264
低温ドライヤーって案外どこでも売っていそうな感じなのですが、これが大型の電気屋さんに行ってもなかなか良いものがありません。
最近は、大手のメーカー品でも増えてきていますが、低温なら何でもいいというわけではなく、温風にムラがないかどうかなどにも注意してみてください。

私の場合、提携しているディーラーさんが仕入れてくれるのでそれをお店で使っています。
一般だと通販からの購入となるのですが、どうやら人気すぎて製造が追いついていないドライヤーもあるとか。

とにかく髪や頭皮ケアにはオススメですので、髪のダメージやパサつき、抜け毛や薄毛に悩んでいる人は一度試してみてください。