薄毛や抜け毛に悩むのは男性だけではありません。女性でも薄毛に悩む人は増えてきており、女性用育毛剤も数多く登場してきています。女性用育毛剤と一言でいっても様々な種類があります。特に医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類することができるのです。ここでは女性用育毛剤の医薬品、医薬部外品、化粧品の違いについて考えてみましょう。

 

【医薬品とは何!?】

sikennkann女性用育毛剤の中でも医薬品に指定されている商品は、厚生労働省から薬として認可されたものになります。配合されている成分によって確実な効果が期待できる育毛剤になるので即効性が期待できるでしょう。ただ効果が強力なため、副作用が起こる可能性が高くなるというデメリットはあります。医薬品に分類される女性用育毛剤を使用するということは治療をするということと同じですので、医師や薬剤師などに相談をしてから使用する必要があります

 

【医薬品に指定された女性用育毛剤と化粧品に指定された女性用育毛剤の違いは?!】

ボトルの使いやすさ
厚生労働省から確実な効果が認められた医薬品分類の女性用育毛剤と比べると、化粧品に指定された女性用育毛剤効果効能を明記することができません。化粧品や医薬品ではありませんので、確実な効果は実証されていないのです。もちろん一定の育毛効果が得られる商品が多いですが、あくまでも保証されたものではないのでその点は気を付けておいた方がよいでしょう。即効性、確実な発毛効果を期待するのであれば医薬品に分類された女性用育毛剤を使用するべきでしょう。

 

【医薬部外品との違いは?!】

kusuri医薬部外品に指定された女性用育毛剤は、医薬品に指定された女性用育毛剤に比べると、確実な治療効果は期待できないものの、効能を明記することは法律上認められています。医薬部外品は人に対して害が少ないので副作用がでにくく、マイルドな育毛効果を実感できるでしょう。副作用がでにくいものを使用したい人におすすめです。また長期的にじっくりと使用したいという人にも向いている商品でしょう。

無料診断!悩みに合わせてあなたにピッタリの育毛剤を探してみる?
おすすめの育毛剤はこちら