それって本当?! 梅雨は薄毛・抜け毛の原因になる理由って?

07271

女性の抜け毛は季節が大きく関係していると言われています。
一般的に人間は1日に40~100本近い毛が抜けるとされており、抜け毛自体はおかしなことではありません。
特に梅雨の時期はジメジメとした湿度の高さに加え、晴々とした青空に恵まれる日も少ないため、それだけでも気分がどんよりしがちなのに、特に薄毛の方にとっては雨に濡れることで薄毛が目立ちやすくなるとても嫌なシーズンですよね。

しかし、梅雨のシーズンに薄毛が目立ちやすくなるのは雨で髪の毛が濡れる機会が多いから、だけではないのです。

実は梅雨という時期そのものが薄毛、抜け毛の原因になるのですが、一体どういうことなのか、その理由について説明いたしましょう。

梅雨の薄毛・抜け毛の原因

理由その1:雨自体が粉塵やほこり等の有害物質を含んでいるから

07272
これは雨というより、大気の問題と言った方が正確ですが、大気中には例えばカビの胞子等のほこりや、例えば工場や自動車から排気されるガスに窒素酸化物や硫黄酸化物といった有害物質が含まれており、それらが大気中に漂っています。

雨は大気から生成されますので、残念ながらそうした大気中に浮遊するほこりや有害物質を雨は含んでしまっています。そのため、雨で頭皮が濡れるとそうしたほこりや有害物質が頭皮に付着し、毛穴を詰まらせてしまう原因となったり、頭皮の炎症を引き起こしたりすることで、結果的に薄毛や抜け毛が生じやすくなってしまうのです。

もっとも、少量の雨を短時間浴びたからといって即薄毛や脱毛が引き起こされる訳ではありません。

雨にあたる時間や機会が多くなればなるほどそうしたリスクが高まると言う頻度の問題と言えますが、そうした雨に伴う薄毛や抜け毛のリスクが最も高まるのが雨天シーズンである「梅雨」ということになります。

理由その2:梅雨はカビや菌が繁殖しやすいシーズンであるから

07273
梅雨と言えばカビや菌が繁殖しやすいシーズンですよね。

理由はずばり「温度」と「湿度」。

6月は温かい気温に加えて湿度が高いという、カビや菌にとって生育する上で最高の環境となるため、この時期に活発に繁殖することになります。

このことは頭皮に付着して皮脂を栄養分としている様々な菌についても、全く同じことがいえます。

そのため、ここぞとばかりに頭皮においても菌が活発に繁殖を始めることで、増加した菌が頭皮の炎症を引き起こす等により、抜け毛や薄毛を招きやすくなってしまいます。

イクナビ編集部イクナビ編集部

以上の2点が梅雨と言う季節要因によって抜け毛や薄毛が増えやすくなる主な理由ですが、実はもう一つ加えておきたい間接的な理由があと一つあります。

対象は多少限られるかも知れませんが、梅雨の時期は湿度が高いせいで髪の毛がうねりやすくなってしまうという方は多いのではないでしょうか。

そのうねりが強いと髪の毛も思ったようにまとまりにくくなるため、中には美容院に行ってヘアアイロンや縮毛矯正をかける方もいますよね。

縮毛矯正とは「矯正」とあるとおり、髪の毛の状態を無理やり変えてしまうことを意味します。そのために髪の毛にも一定のダメージを与えてしまうことになります。

ヘアアイロンや縮毛矯正も1度や2度程度で即座に抜け毛や薄毛を招く訳ではありませんが、梅雨の時期はヘアアイロンや縮毛矯正の回数も増えてしまい、その結果抜け毛や薄毛が増えるリスクが高まってしまいます。

特に、梅雨シーズンはうねりがひどくなることから美容院に通って縮毛矯正を熱心にやっていたという方は縮毛矯正にはそうしたリスクが伴うことをぜひ覚えておいてください。

梅雨時の抜け毛や薄毛はどうすれば予防できるの?

07274
梅雨時に抜け毛や薄毛が生じやすくなる理由について理解できたところで、ではどうすれば予防することができるのか、梅雨時の抜け毛や薄毛の予防方法についてまとめてみました。

1.晴天時も折畳み傘を携行し、できるだけ雨に濡れないようにする

236094雨で頭皮が濡れるということは、雨が運んできたほこりや有害物質を頭皮に付着させることを意味します。
ならば雨で頭皮が出来るだけ濡れないようにすることが対策となります。

そのためには、晴れていている日であっても天候が崩れやすいのが梅雨時の特徴ですので、折畳み傘を必ず携行するようにすることです。

また小雨、霧雨程度なら平気だと考えずに、その程度の雨の場合でもできるだけ傘をさすように心掛けましょう。

2.シャンプーをして頭皮を清潔に保つこと

07276ほこりや菌が頭皮に付着してもそれを早めに洗い流せば、頭皮のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

そのためにはまめにシャンプーを行い、頭皮を清潔に保つことです。

但し洗浄力や刺激が強すぎるシャンプーでは逆効果となる場合も。低刺激で敏感肌の女性であっても大丈夫な、やさしい成分のシャンプーを使用することがポイントです。

3.ストレスを抱え込まないようにすること

503380梅雨時はジメジメした空気や晴天に恵まれないこともあって、他のシーズンよりも心理的なストレスを抱え込みやすくなります。

ストレスを抱えれば自律神経やホルモンバランスの乱れを招き、その結果髪の毛に悪い男性ホルモンが増加して抜け毛や薄毛が増えてしまったり、体の抵抗力も低下することで菌に負けてしまい、頭皮が炎症を起こす等により抜け毛が生じやすくなります。

例えば気分が晴れ晴れする映画や音楽を鑑賞したり、室内でできる軽度のストレッチをしたりするなど、外に出かけなくともできる気分転換やストレス解消法を梅雨時には特にストレスがたまっているという自覚がなくとも、意識的に行うようにしましょう。

4.海草や野菜、卵、青魚を中心とした食生活を心掛ける

496126菌などに負けない健康的な頭皮や髪の毛にするには、食生活がとても大切です。

髪の毛に良いとされる栄養素を含む海草、緑黄色野菜、卵、青魚などを意識して食べるようにすること、また、皮脂分泌過剰の原因となる脂肪分が多いラードや脂身の多い肉類はなるべく控えるようにすることを心掛けるようにしましょう。

 

 

また、梅雨時に髪の毛がうねりやすくなってしまうため、美容院にいってヘアアイロンや縮毛矯正に頼っていたという方は、もうおわかりになったと思われますがそうした機会をできる限り減らすことです。

多少時間がかかっても、髪の毛に良い成分を含んだ整髪料と、乱暴に力任せではなくヘアケアを意識した正しく丁寧なブラッシング、そしてヘアドライヤーの活用で髪の毛を整えることに取り組むようにしてください。

抜け毛や薄毛が目立ち始めてしまった!どうすれば改善できる?

07277
予防策はわかったけど、既に抜け毛や薄毛が目立ちはじめてしまったのでなんとか改善したいという場合にはどうすればよいか、改善策もご紹介しましょう。

1.女性用育毛剤で頭皮の健康状況を改善し、発毛を促すようにする

woman

button_007
抜け毛や薄毛が目立ち始めた状態とは既に頭皮において何らかのトラブルが発生した状態ですから、そうした不健康な状況を食い止めて、一刻もはやく頭皮の状態を健康的な状態に戻す必要があります。

その対策として最もオススメしたいのが「女性用育毛剤」の利用です。

育毛剤には頭皮の炎症をおさえたり、血行を促進することで頭皮や髪の毛に栄養が届きやすくしたり等々、悪化している頭皮や髪の毛の状況を改善する成分が多々含まれています。

継続して使用していれば頭皮や髪の毛の健康状態が改善し、抜け毛や薄毛の進行が止まるだけでなく、より健康的な髪の毛の発毛も期待できるようになります。

しかも女性用育毛剤は男性用と異なり、刺激に弱い敏感肌の女性であってもトラブルが生じにくい頭皮にやさしい成分主体で開発されているので、安心して使用することができます。

2.サプリメント等で亜鉛や葉酸等、食生活だけでは不足しがちな栄養素を補給する

07278
卵、海草、青魚、緑黄色野菜といった健康的な食生活を送っているつもりでも、例えばビタミンや葉酸等、熱に弱く、水に溶けやすい性質の栄養素は調理の過程でかなり失われてしまうため、普段の食事からだけでは十分に摂取出来ていないという場合もあります。

そこで抜け毛や薄毛対策として特に効果的な亜鉛や葉酸等のビタミン類については、過剰摂取にならないよう留意しつつサプリメントを通じて補給することも、抜け毛や薄毛の進行を食い止め、頭皮の健康状態を改善するのに役立ちます。

Q&A!薄毛・抜け毛になりやすい時期ってある?

イクナビ編集部イクナビ編集部

最後に、皆さんからの質問に一問一答式でお答えすることに致します。

ユーザーユーザー

梅雨時に薄毛や抜け毛になりやすいことはわかったけど、梅雨時以外にも薄毛や抜け毛になりやすい時期ってあるの?

イクナビ編集部イクナビ編集部

あります。それは夏の終わりから初秋の季節の頃です。つまり夏から秋への季節の変わり目ですね。

ユーザーユーザー

どうして初秋って抜け毛になりやすいの

イクナビ編集部イクナビ編集部

一つは夏の時期に強くなる紫外線の悪影響がちょうど出始める時期であるということです。

もう一つは残暑の頃に夏バテのピークも迎えている時期でもありますが、夏バテの疲れが解消できていない頃に暑い夏から涼しい秋へと季節の変化に体を順応させることが求められるため、体が上手く対応できず、体調を崩しやすくなることが二つ目の原因です。

ユーザーユーザー

初秋の頃の抜け毛にはどんな対策をすれば良いの?

イクナビ編集部イクナビ編集部

夏の紫外線のダメージの蓄積によって初秋の抜け毛が増えると考えられていますので「折畳み傘」ではなく「日傘」を携行し、紫外線を頭皮に直接浴び続けないようにすることです。帽子をかぶる場合は、れないように通気し、長時間かぶらないように注意しましょう。エアコンの影響で頭皮が乾燥し続けることも初秋の抜け毛の原因になりますので育毛剤をつけて頭皮を保湿することも重要です。

12917

まとめ

「頭皮を清潔に保つこと」、「ストレスを抱えないようにすること」、「栄養を重視した食生活を送ること」はどの季節でも同様に大切な対策となってきます。

このように季節と抜け毛の関係は深いため、抜け毛に悩んでいる人はまずメカニズムをよく理解して、なぜ髪が抜けてしまうのかを知っておくことが大切です。

メカニズムを知れば抜け毛に対しての不安もなくなり、ストレスや怖さを感じることもないでしょう。

日本は四季のある美しい国ですが、それ故に頭皮には困難な時期もやってきます。

これは日本で暮らす以上は避けては通れない事情なので、季節に応じてしっかりと対策を施していきましょう。そして抜け毛に悩まされない、快適な日々を過ごしていきましょう。