03689d78d6ed07900bf22a69fb20f82a_s
美容に気を使う女性は、ヘアケア商品もおしゃれやイメージで選んでしまいがちですよね。

でも、抜け毛の改善のためには、頭皮や髪が喜ぶことをして、ダメージを与えないことがヘアケアの基本となります。

抜け毛や薄毛の原因は?

抜け毛や薄毛のためのヘアケアでは、肌に良くないことは髪にも悪いということが基本になります。

代表的な肌にも髪にも悪いことには、紫外線や乾燥、酸化した皮脂、血行不良、炎症、摩擦などの刺激を与えること、活性酸素などがあります
40aacb524da9cdca5cc210c6daed3546_s
これらが原因となり、抜け毛や薄毛が進行していきます。

まずは、抜け毛の原因になることを詳しく見ていきましょう。

紫外線と活性酸素

紫外線を浴びると、お肌のシミやシワの原因にもなるので、それを防止するために日焼け止めを塗るなどの対策をしますよね。
でも、頭皮の紫外線対策はおろそかになりがちです。
頭皮の方が顔よりも高い位置にありますし、頭頂部は日光にさらされやすいので、特に紫外線によるダメージを受けやすいのです。

頭皮もほかの皮膚と同じように日焼けをすると、軽いヤケドをしたような状態になります。
そうすると、頭皮だけでなく髪の毛や毛根もダメージを受けてしまうので、抜け毛の原因になるのです。

また、紫外線を浴びることによって、体内の細胞に活性酸素が発生すると言われています。
活性酸素は細胞を酸化させてしまうので、髪の毛を作り出す毛母細胞もその影響を受け、髪の毛が細く弱くなって抜け毛や薄毛につながります。

頭皮の皮脂と乾燥

シャンプーをする目的は、頭皮や髪の毛の汚れを落とすことですが、頭皮の皮脂を必要以上に落とすことは、抜け毛の原因になる場合があります。
そもそも皮脂は、頭皮に薄い膜を作って乾燥しないように保湿をする役割があります。
頭皮の皮脂はにおいやべたつきの原因にもなりやすいので、ゴシゴシ洗ってスッキリさせたくなりますが、洗いすぎは禁物です。

過剰な皮脂によって炎症が起こる可能性もありますが、適度に皮脂を残しておかないと、頭皮を守る膜がなくなって乾燥しやすくなるので、抜け毛の原因になってしまうのです。

また、頭皮の皮脂を摂り過ぎると、足りない皮脂を補おうと余計に分泌されてしまうので、過度な頭皮クレンジングは逆効果になります。

血行不良や貧血

女性は、生理やホルモンバランスの乱れにより、血行不良や貧血になりやすい人が多いですよね。
血液は、酸素や栄養を全身に運ぶ役割がありますので、血行が悪くなったり血が不足していると、髪の毛を作る細胞に栄養が行き届かなくなってしまいます。
そのため、血行不良や貧血も抜け毛の原因になりうるのです。

食生活

日々の食生活も、抜け毛に密接に関係しています。
なぜなら、髪の毛もふだんの食事で摂取できる栄養素によって作り出されているからです。

また、抜け毛を促してしまう食べ物や食べ方もあるので、注意が必要です。
そのほかの抜け毛の原因である、皮脂の量や乾燥、貧血などにも食生活は関わってきますので、食事の内容を見直すことは、抜け毛の改善には欠かせない問題だといえます。

毎日できる正しいヘアケア

64c6103a1092189520590f3148659262_s

正しいヘアケアとは

抜け毛や薄毛のために、女性が毎日取り組めるヘアケアは、紫外線や乾燥対策、洗髪方法、食生活の見直しなどです。

◎紫外線対策として、外出する際には日傘や帽子、日焼け止めなどを使うようにする。

◎乾燥を防ぐため、脱脂力の強いシャンプーはやめて、やさしい成分のものを選ぶ。

◎ビタミンやミネラルなどが豊富な、バランスの良い食事内容にする。

紫外線対策

紫外線が皮膚に与える悪影響は広く知られていますので、顔やボディ用の日焼け止めケアには、いろいろな商品が出ています。
しかし、頭皮は髪の毛が生えているのでクリームタイプのものは塗りにくいですし、べたつきも気になります。
そこで役に立つのは、最近増えてきているスプレータイプの日焼け止めです。
顔や全身に使えるものも多いですし、透明なタイプなら服やカバンにかかっても気になりません。
ただ、スプレータイプのものは刺激が強い場合があるので、低刺激のものや敏感肌用のものを選ぶのがおすすめです。

日に当たるのは通勤時だけという人は、帽子や日傘などで一時的に紫外線をカットするだけでも効果はあります。

また、うっかり頭皮を日焼けさせてしまった場合は、アフターケアも必要です。
ヒリヒリして炎症を起こしているようなら、とにかく冷やして刺激を与えないようにしましょう。
できればシャンプーは使わずに、ぬるま湯だけで洗髪したほうがいいですよ。
そして、スキンケアと同じように、頭皮も保湿して乾燥しないようにしてあげましょう。

夏場に強い紫外線をたくさん浴びると、秋になってから抜け毛が増えてしまいます。
すると、抜け毛によって広がった分け目や薄くなった部分に、さらに紫外線が当たりやすくなってしまうので、早めのケアが重要です。

皮脂と乾燥はシャンプーで改善

頭皮の皮脂と乾燥の対策には、洗浄力の強すぎないやさしい成分のシャンプーを選びましょう。
一般的なシャンプーは、石油が原料の界面活性剤が洗浄成分になっています。
こういったシャンプーは、泡立ちや指通りがよくて安価なのでつい選んでしまいますが、洗浄力が強すぎるなどのデメリットがあります。

洗いすぎや皮脂の取り過ぎが抜け毛の原因になりますので、シャンプーの選び方や洗い方がポイントになってきます。
最近はノンシリコンシャンプーも増えていますが、シリコンの有無は頭皮や髪の状態に影響はなく、洗浄成分によって左右されるため、シャンプーを選ぶ際には洗浄成分を確認しましょう。

おすすめなのは、洗浄成分がアミノ酸でできているアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものです。
アミノ酸は体や髪の毛を作っているたんぱく質を構成する成分なので、強すぎない洗浄力で、必要な皮脂を残して汚れだけを落としてくれます。
アミノ酸系シャンプーにもいろいろありますので、抜け毛が気になる場合は、育毛成分が配合されたものを選ぶといいですよ。

洗浄力の弱いシャンプーやお湯だけでもしっかり汚れを落とせるように、洗い方にも工夫しましょう。
頭を洗う前にブラッシングして汚れを浮かせたり、湯船に浸かって温めることで毛穴を開かせるなどの簡単な方法から始めてみてください。
シャンプーする前には、お湯でしっかり予洗いをすることや、シャンプーの後には2倍くらいの時間をかけてすすぎをすることなども効果的です。

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s

また、酸化した皮脂はお湯でも落とすことができるので、いわゆる「湯シャン」を続けている人もいます。
しかし、整髪料を使うことも多いですから、洗髪をお湯だけで済ますのは難しいかもしれません。

頭皮のうるおいを守るということであれば、シャンプーの回数を2日から3日に1回程度に抑えるという方法もあります。
頭皮は他の部位に比べると皮脂の多い部分のため、うるおいを奪うことを止めれば保湿は十分とされています。

やってはいけないヘアケア

反対に、頭皮を叩いて血行を良くしようとしたり、洗髪後の自然乾燥、頭皮クレンジングなどは髪や頭皮のダメージの原因となり、抜け毛が増える場合があります。

頭皮を叩くと血行が促進しますが、それ以上に頭皮や毛穴がダメージを受けてしまい、ヘアサイクルが乱れて発毛を阻害する可能性があります。

また、ドライヤーの熱ダメージを避けようとして自然乾燥させると、外部からのダメージを受けやすくなります。
熱ダメージが気になる場合には、60度以上の熱風が髪を傷めるため、低温ドライヤーを使って髪を乾かすようにしましょう。
ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

血行促進に効果のある頭皮マッサージは、摩擦の刺激によって毛細血管などにダメージを与えてしまう可能性があります。
自宅で自分でやる場合には、頭皮を柔らかくし、摩擦を軽減させるためにも必ずオイルやクリームを使ってからマッサージを行うようにしましょう。

血行不良は食生活で改善

抜け毛を改善する食生活は、ダイエットのように厳しい食事制限があるわけではなく、野菜や果物、魚や肉、乳製品や豆類などをバランスよく食べるようにするだけでもいいのです。
そのためには、栄養が偏りやすいコンビニの商品や外食ばかりにならないようにすることや、脂っこいものばかり食べないようにすることなどの節制は必要になってきます。

抜け毛の原因となる血行不良や貧血も、食生活で改善することができます。
血液中の鉄分を増やすレバーやほうれん草、体を温めて血行を良くするショウガや唐辛子、ニラなどを積極的に摂るようにするといいでしょう。

また、アルコールの過剰摂取なども抜け毛を促進させる危険性があるので気を付けてください。

そして、食事内容だけでなく、食べ方も抜け毛に関係しています。
たとえば、食べ過ぎは内臓に負担がかかって、髪の毛を作る細胞に栄養が行き届きにくくなります。
それに、寝る前にたくさん食べることも良くありません。
睡眠中には、髪の毛や体を成長させるホルモンが働きやすいのですが、寝る前に食べると消化のために血液が胃や腸に集中してしまい、髪の毛が成長しにくくなります。

効果が出るまで気長に続けよう

抜け毛の改善には、毎日のケアや日頃の生活習慣の見直しが必要です。
バランスのとれた食事内容、適度な運動、ストレス解消などの健康的な生活が不可欠といえるでしょう。
もっともシンプルで基本的なことですが、生活習慣を変えるのは難しいものですよね。

それに、習慣を変えたからといってすぐに効果が表れるわけではありません
育毛シャンプーを使った場合でも、その目的は頭皮環境を整えることですので、長い目で見ることが必要です。
育毛剤などでも、効果があるかどうかは3ヶ月後くらいを目安にして判断しますので、日々のケアによる効果が出るのはそれ以上の期間はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

ただ、抜け毛の改善のための習慣は、心身共に健康になるためにも効果的なことばかりです。
なかなか効果が出なくてもあまり神経質にならずに、ゆったり過ごすようにしていきましょう。