nukege usuge女性の髪の悩みと言えば、抜け毛だけでなく「薄毛」も問題になることが多いですよね。

「抜け毛と薄毛って、同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、女性の場合は「抜け毛自体は少ないのに薄毛」という状態になっている人も少なくありません。

なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

■抜け毛が少ないのに薄毛になる理由とは?

usuge1「抜け毛自体は少ないのに、薄毛状態」というようなことが、どうして起こってしまうのかというと・・・女性の場合「髪の本数そのものは標準量であっても、一本一本の髪が細すぎて、スカスカの薄毛状態に見えてしまう」ということが少なくないのです。

ひどい場合だと、「髪が細すぎて、まるで産毛のようになっている」ということもありますね。

ちょっと極端なイメージで言うと「鉛筆を10本並べるのと、それと同じ間隔でシャープペンシルの芯を10本並べるのとでは、すき間の目立ち方が全然違う」という感じです。

たとえ本数的には少なくなくとも、「髪が細い」というだけで、スカスカ・ボリュームなしのぺたんこ薄毛になってしまうんですよ。

 

■なぜ、女性は「髪の細さによる薄毛」になりやすい?

Portrait of Beautiful Woman with smooth gloss long hair. High quality image.

男性の場合、「抜け毛による薄毛」は女性以上に多いのですが、女性ほど「髪の細さによる薄毛」は起こりません。

なぜ、男女にそんな差があるのかというと、おもに以下のような理由が考えられます。

〇女性は鉄分不足や冷えなどで血行不良が起こりやすく、その結果、髪にじゅうぶんな酸素と栄養が届かず発育が悪い。
〇女性は髪が長く、引っ張りなどの刺激によって毛根がダメージを受けやすい。毛根の引っ張り刺激はブラッシングや髪を束ねた時に起こるだけでなく、長い髪だと「濡らした髪を放置する」という重みだけでも相当な負担になる。
〇髪と頭皮へのダメージが大きいパーマやカラーリングの利用も、男性より女性のほうが多い。

 

悩みを解決!おすすめの育毛剤はこちら♪