002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

女性の薄毛と食事の関係

女性が薄毛になる原因はいくつか考えられますが、直接的なものとしては
・女性ホルモンの減少
・頭皮環境の悪化
・栄養不足
・血行不良
などが挙げられます。

女性の薄毛を改善するには、育毛剤の使用や頭皮にいいシャンプーに変える、マッサージをするなど、外部からの作用と共に、体の内側から改善することが必要になってきます。
なぜなら、髪の毛を作り出すために必要な栄養素は、外部から取り入れるには限界があり、やはり食べ物から摂取する栄養素が不可欠だからです。
そのためには、ふだんの食事を見直すことが何よりも重要といえます。
それでは、どんな食べ物を積極的に食べるべきなのでしょうか?

薄毛に効果のあると言われている食材とその理由

薄毛対策に効果的な食材としては、以下のようなものが挙げられます。

1.魚・肉・卵・大豆製品などのたんぱく質食品
2.貝類や海藻類
3.野菜類
4.ナッツ類

これらの食材について、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

魚・肉・卵・大豆製品などのたんぱく質食品

まず、1のたんぱく質食品については、「体内でコラーゲンを合成する際に大切なアミノ酸が豊富」ということが挙げられます。
ダイエットをしている女性は、意外とこのたんぱく質食品が不足しているケースが多いので気をつけましょう。

髪の毛はアミノ酸の一種であるケラチンが主成分なので、アミノ酸が不足していると、髪の毛の育成に影響が出てしまいます。
良質なたんぱく質を摂取するためには、肉や魚、卵や乳製品などをバランスよく食べるようにしましょう。

また、たんぱく質食品の中でも大豆製品は、「大豆イソフラボン」という女性ホルモンに似た働きをする成分も含まれており、ホルモンバランスの乱れによる薄毛対策にも使えますので、1日の食事のうちのどこかでひとつは大豆食品を摂るようにしたいものです。

貝類や海藻類

昔から海藻は髪にいいと言われているとおり、ミネラルが豊富で美しく強い髪の毛を作るための栄養素として欠かせません。
また同じように海産物である貝類にもミネラルが豊富で、特にしじみや牡蠣などは亜鉛が多く含まれています。
亜鉛は、摂取したたんぱく質を髪の毛などの細胞に変換させる働きがあるので、たんぱく質とともに摂りたい成分です。

*亜鉛について詳しくはこちらもご覧ください⇒女性の抜け毛に必要な亜鉛って?髪の毛を伸ばす効果と摂取方法は?

野菜類

野菜にはたくさんのビタミンが含まれていて、肌や髪の毛を健康的にする美容にいい効果があります。
特に緑黄色野菜に含まれるビタミンAは頭皮を健康に保つ効果があり、ビタミンBが毛母細胞を活発にし、ビタミンEが血行を促進させるなど、薄毛にいい効果ばかりです。
たんぱく質の多い肉類ばかり食べていると脂質が多くなってしまうので、肉・魚とともにバランスよく野菜を取り入れるようにしましょう。

ナッツ類

ナッツは良質なオイルを含んでいて、毎日食べると肌や髪の毛に潤いを与えて、頭皮環境を改善し、善玉菌を増やしてくれるといったいろいろな効果が期待できます。
そのほかにも、たんぱく質やビタミン、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富なスーパーフードです。
ただ、食べ過ぎは脂質の摂りすぎになってしまうので注意しましょう。
毎日数粒をおやつ代わりに食べるといいですよ。
また、抗酸化ビタミンが特に豊富な傾向があるので、活性酸素による頭皮の老化に対抗できるというメリットもあります。

食事内容が薄毛を悪化させることも

薄毛を改善するには、良い食材を取り入れることも重要ですが、まずは現在の食事内容を見直して、悪いところを改善することから始めてみましょう。
いいものを取り入れるのが難しい場合は、悪いものを減らすことで効果が現れる場合もあります。

ファストフードや外食ばかりになっていないか

忙しいと、ついつい外食やファストフード、インスタント食品などで済ませてしまいがちです。
最近では健康のためにヘルシーな内容のメニューも増えてきていますが、多くの場合が揚げ物など脂っこいものが多く、塩分や添加物など体に良くないものも含まれています。
日持ちして手軽に食べられて便利な分、保存料などの添加物が増えてしまうのは仕方のないことですが、毎日そればかり食べるのは良くありません。

塩分や添加物の多い食事は、血流が滞る血液ドロドロ状態を招くことにもつながります。
血行が悪くなると、頭皮に栄養が行き届かなくなり、薄毛が進んでしまうのです。
たまにはインスタントやファストフードも利用しつつ、なるべく自炊をして食材を自分で選び、塩分や調味料などを控えめにした食事を心がけましょう。

脂質や糖分が多い食事

脂質や糖分が多いと、頭皮から分泌される皮脂の量も比例して多くなってしまうので、頭皮環境を悪化させてしまいます。
もちろん、脂質も糖分も体や脳の働きに必要な栄養素ですので、すべてをシャットアウトするべきではありませんが、揚げ物や甘いものを食べ過ぎていないか確認するために、一度食事内容を書き出してみるのもいいですよ。
食事内容だけでなく、食べる量も把握できるので、食べ過ぎを予防できます。
また、なにげなく飲んでいる缶コーヒーやスポーツドリンクなどにも意外と多くの糖分が入っていますので、飲み物にも注意してください。

偏った食生活になっていないか

いくら体や髪にいい成分でも、ひとつのものばかり毎日食べるのはよくありません。
大切なのは、いろいろな栄養素や食材をバランスよく食べることです。
イソフラボンがいいからと言って、大豆製品や豆乳などを食べたり飲んだりした上に、イソフラボンのサプリを飲んだら過剰摂取になってしまう可能性があります。

たんぱく質やビタミン、ミネラル、鉄分なども過剰摂取によって健康を損なうリスクがありますので、栄養素をとにかくたくさん摂ればいいというわけではありません。
逆に、無理なダイエットして食事を減らすことも栄養不足を引き起こしてしまうので、髪の毛のためにも食事制限は控えめにしましょう。

実際に食事で薄毛を改善された方の声

user2@2x「頭皮も髪の毛も、食事から作られる、という理屈はもっともだと思って、炭水化物と脂肪をひかえめにし、たんぱく質と野菜・ワカメや昆布を今までよりたっぷり食べるように心がけました。

間食も、なるべくナッツ類とか、おやつ昆布を選ぶようにしています。

食事の見直しをしてから、もうすぐ半年になりますが、ここ数ヵ月は、髪の毛の根元が少し立ち上がってきて、コシが出てきた、っていう実感が得られるようになったんです。

あと、髪の毛だけじゃなく、体の調子も、以前よりいい感じになってきました。頭皮と髪の毛にいい食事というのは、体そのものにもいい事が分かったので、これからも自信を持って、今の食事スタイルを続けていこうと思います」

食事で足りない分はサプリで補おう

食事内容は、体にいいものをと思っていても、ついつい好きなものばかりだったり、楽なものに手を伸ばしがちです。
忙しい時には無理をせず、不足している栄養素をサプリで補うことも効果的ですよ。
ただ、サプリは食事と違って意識しないで過剰摂取してしまう危険性がありますので、決められた用法・用量を守り、あくまで食事で不足している分を補う目的で利用するようにしてくださいね。

体が求めるものを意識して、おいしいものを毎日楽しく食べられるよう、食事内容とともに、食卓を囲む雰囲気も良いものにしていきましょう!

*どんなサプリがいいか迷ったときはこちら⇒女性の抜け毛に必要なサプリメントは?葉酸?オリゴ?亜鉛?