277817fd57b71bbc3a00aeca7af8380f_s
アルコールは血行を良くする作用がありますので健康に良いとも言えます。

しかしそれは嗜む程度に楽しむ場合の話であり、過剰に飲んでいる場合は害になってしまいますし、女性の薄毛への影響にもなってしまうのです。

アルコールと女性の抜け毛の関係

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

アルコールの分解により体内のアミノ酸が減る

過剰なアルコールがよくない理由に、体内のシステインと呼ばれるアミノ酸が減ってしまうからということが挙げられます。

アルコールが体内に入ると、肝臓でアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質に分解されますが、その際に消費されるのがシステインです。このシステインはタンパク質に含まれるアミノ酸であり、髪の毛にとって非常に重要な存在とされています。

attentionアルコールを過剰に摂取すると、大量にシステインが消費されてしまうことになりますし、髪の毛を作る材料が不足することで薄毛リスクが高くなってしまうのです。

 アルコールは毛母細胞の働きを悪くする

過剰なアルコールは毛母細胞の働きを悪くするため、薄毛を引き起こす原因とされています。

アルコールは血液中にある栄養だったり酸素を吸収してしまうのですが、毛母細胞を活動させる為にはこれらの存在が必要不可欠です。
不足状態ですと栄養や酸素が足りなくなりますので、髪の毛の成長は滞りがちになり、抜け毛が増えたり細い髪の毛が目立つようになってしまいます。

お酒のおつまみで塩分や脂質の過剰摂取

お酒を飲むときは、アルコールだけあればいいという人はそれほど多くないでしょう。
お酒を飲むと食欲が促進され、ふだんよりも食べ過ぎてしまうこともあります。

特に、お酒がよく進むおつまみは、塩分が多くてしょっぱい味付けのものや、脂質が多い揚げ物などが好まれています。
こういったおつまみを食べ過ぎると、塩分や脂質の過剰摂取となり、抜け毛を促してしまうことにもつながります。

塩分を摂りすぎると動脈硬化や血行不良を引き起こし、脂質が多すぎると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴がつまったり、頭皮環境を悪化させてしまいます。
お酒を飲むときには、食べるものにも注意しなければなりません。

アルコールによる抜け毛を防ぐには

適度な飲酒を心掛ける

アルコールは、適量なら健康を損なうことなく、かえって体にいいともいわれています。
しかし、問題はこの「適量」です。一体どのくらいなら飲酒をしても問題ないのでしょうか。

1日分のアルコールの適量は約20g

厚生労働省が推奨するお酒の適量は、1日20gとされています。
これは、純アルコールの量なので、どのお酒を選ぶかで飲める量は変わってきます。

お酒の種類ごとの適量

お酒の種類 アルコール度数 適量 純アルコール量
ビール 5% 500ml(中瓶1本分) 20g
清酒 15% 180ml(1合) 22g
ウイスキーやブランデー 43% ダブルで60ml 20g
焼酎 35% 180ml(1合) 50g
ワイン 12% 120ml(1杯分) 12g

ただ、適量とは言っても個人差がありますので、その日の体調やお酒に強いかどうかなどの体質にも注意してください。

女性用育毛剤を使用する

女性の薄毛を改善する為にはアルコールは適度な量に抑えることが大切ですが、それと共に育毛剤を使用して育毛や発毛を促進するといった対策も講じた方が良いでしょう。
woman
口コミではどのような育毛剤が人気なのかと言えば、無添加且つ自然由来の成分で安全に使える物が人気のようです。

特に女性の頭皮はデリケートですので安全性を心配する方も多く、余計な成分が含まれていない育毛剤が選ばれる傾向があります。ですから無添加で天然の成分で構成されている育毛剤が口コミでも支持されており、安心して使用できるとして評価も上々のようです。

女性用に作られているのも口コミで良い評価を得ている育毛剤の特徴です。

comment_tit男性用は沢山ありますが、男性と同じものを使うのは抵抗があるという声も少なくありません。そもそも男性とは薄毛の原因が違っている部分もありますので、育毛剤を使うのなら女性用として開発されているものが良いのです。

よって女性の薄毛に着目して作られている育毛剤が人気であり推奨されています。

その他にも使い心地が良い育毛剤も人気となっています。

べたべたしてしまう育毛剤よりもさらりとして使い易いタイプを選ぶ方が多いですし、外出前でも安心して使えるとして支持されているようです。

*無添加の女性用育毛剤についてはこちら⇒産後の女性も安心して使える!!薄毛の原因と無添加の育毛剤まとめ

アルコールの分解を助ける成分を取り入れる

アルコールによる抜け毛を防ぐには、アルコールの分解を助けてくれる成分を摂取することが有効です。
必要な成分を外部から補給すれば、体内の栄養素を減らさず、肝臓も守ることができます。

ウコン

二日酔い防止といえばやはりウコンでしょう。
ウコンは、クルクミンという成分を多く含んでいます。
クルクミンはポリフェノールの一種で、肝機能を高めたり胆汁の分泌を促してアルコールの分解を助けてくれるほか、抗酸化作用があるので美容や健康にも効果的です。

ウコンはショウガ科の植物で、いろいろな種類がありターメリックと呼ばれるスパイスでもあります。
食事ではなかなか取り入れにくいので、サプリやドリンクで摂取するのが効率的です。

*育毛にも効果的なサプリはこちら⇒女性の抜け毛に必要なサプリメントは?葉酸?オリゴ?亜鉛?

肉類や魚類のアミノ酸

肉や魚には、メオニチンというアミノ酸が多く含まれています。
メオニチンはアルコールを分解する酵素を作り出したり、肝臓を保護する働きがあります。

肉類は脂質が多く思われがちですが、脂肪分の少ない鶏肉やビタミンの多い豚肉などはお酒と一緒に食べるといいでしょう。
また、カツオやイワシなどの魚類にも多く含まれているので、焼き魚やお刺身などのおつまみも肝臓のためにおすすめです。

*薄毛の改善に効果的な食事はこちらもご参照ください⇒【女性版】薄毛に効くと言われている食事教えて!食事で薄毛は改善できる!?

亜鉛

お酒に強い体質かどうかは、アルコールを分解する酵素が多いかどうかで別れます。
アルコールを分解する酵素が機能するには亜鉛が必要であり、亜鉛は肝機能を高める効果もあるので、お酒に弱い人は積極的に亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣やしじみなどの貝類、うなぎ、牛肉、チーズ、レバーなど。
お酒のおつまみには、亜鉛が豊富で手軽に食べられるチーズやビーフジャーキーなどがおすすめです。

*亜鉛について詳しくはこちら⇒女性の抜け毛に必要な亜鉛って?髪の毛を伸ばす効果と摂取方法は?

アルコールを摂取することのメリット

アルコールの過剰摂取は、体に良くないとわかっていても、お酒好きな人はなかなかやめられないですよね。
アルコールを飲むことによるメリットもたくさんありますので、抜け毛予防のために絶対飲んではいけないということではありません。

血行促進

アルコールを摂取すると、血管を広げて血流を良くしてくれます。
お酒を飲むと体が熱くなったり、顔が赤くなるのはこのためです。

体中に栄養を運ぶための血流が悪いと、頭皮にまで栄養が行き届きにくくなるので、抜け毛や薄毛を防ぐには血行を良くすることも必要になります。
冷え性で手足が冷える人や、血行が悪いと感じている人には、適度なアルコールの摂取で改善されることもあります。

ストレス解消

日々の生活の中で避けることのできないストレスは、蓄積されるとさまざな病気の原因となるものなので、何らかの形で解消していくことが健康にもつながります。
ストレスを感じ続けていると緊張状態になり、血流が滞ったり自律神経やホルモンバランスなどにも影響を与えてしまいます。

お酒を飲むと心も体もリラックス状態になり、緊張から解き放たれてストレス解消につながり、リフレッシュできる人も多いでしょう。
また、嫌なことを忘れて高揚感を味わったり、楽しい気分になれるのでお酒を飲む人もいます。
あまり依存しないように注意しないといけませんが、ストレスは頭皮や髪の毛にも良くありませんので、適度な飲酒で楽しく仲間と盛り上がれるツールとしてもアルコールは有能です。

健康促進

アルコールにはいろいろな種類があり、製法や材料によって風味や成分が異なります。
たとえば、赤ワインにはポリフェノールという植物の色素成分が含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用が高く、コレステロール値を下げたり動脈硬化を予防するなどの効果があると言われています。
アンチエイジングの効果もあるため、美容のために飲んでいる人もいるほどで、日本でもたびたびブームになっています。

また、米や麦などの炭水化物を発酵させて作る醸造酒の日本酒にも、豊富な栄養素が含まれています。
特に、髪の毛を作り出すのに欠かせないアミノ酸は、ワインの10倍以上とも言われていますので、適量を飲むならば、抜け毛の改善にもつながるといえます。